改元の年に「色」を考える

2019/5/16

エクタスニュース

 

 皆さんはどんな色が好きですか?きっとその色は、皆さんの服や靴、身の回りのいろいろなものに使われていることでしょう。今は、様々な色の中から、自分の好きな色のものを選ぶことができるのが当たり前になっていると思います。しかし歴史を振り返ると、身分や官位によって身につけることのできる色が決められていたり、色が身分を表すのに用いられたりと、自由に好きな色を選んで身に着けることができなかった時代がありました。今回はそんな「色」についてお話ししたいと思います。


新しい元号「令和」が「万葉集」を元に考案されたことは皆さんも知っていると思いますが、「万葉集」にはこのような「色」に関わりのある歌があります。


「あかねさす 紫野行き 標野行き 野守は見ずや 君が袖ふる」(額田王)


ここで出てくる「紫野」とは、当時紫色を染めるのに使われていた「紫草(ムラサキ)」をとるための場所ですが、「紫草」は栽培が難しく、そこから採れる染料もとても希少なものでした。そのため、古代では紫色は神秘的で高貴な色とされており、一部の身分の高い人しか身に着けることを許されていなかったそうです。聖徳太子が定めた「冠位十二階」でも、紫色は最高位の冠の色とされていましたよね。他にも、「○○色を身に着けられるのは△位以上の者だけ」といった細かい決まりごとがあり、自由に色を選ぶことのできる現代とは程遠いことがわかります。


 改元の年となった今年は、こうした「古くからの色の決まりごと」を目にするチャンスがありそうです。例えば平成最後の日となった430日の午前、前の天皇陛下(上皇)は宮中三殿(天皇の祖先や神々をまつった場所)に退位のご報告をされましたが、そのとき身に着けられていたのは「黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)」という赤みがかった黄色の束帯で、これは平安時代から天皇のみが身に着けることのできる色とされているそうです。また、平成の即位礼正殿の儀では、女性皇族はいわゆる「十二単」と呼ばれる衣装を身に着けられましたが、一番上に羽織る「唐衣」に白を用いることができるのは皇后のみとされていますし、他にも年齢や立場によって細かな色の違いが見られました。1022日に予定されている即位礼正殿の儀を始め、今後の一連の儀式ではぜひそのようなところに注目してみてはいかがでしょうか。


関連記事related posts

エクタスニュース

天王山の戦い

こんにちは、エクタス池袋校・大宮校の白田です。 すでに夏真っ盛りで、うだるような暑さが続きますが、受験生の皆さんはへこたれずに日々の学習に打ち込んでいることと思います。   さて、いよいよ夏期講習を迎えます。 …

エクタスニュースエクタス算数科ジュニアブログ

「低学年向け問題に挑戦!」解答・解説

  こんにちは エクタス池袋校室長の白田です。   今日は、11/1に投函されたエクタスのチラシに掲載されている低学年向け問題の解説をしていきます。 まず、1から9の合計は45なので、3つのサイコロの…

エクタスニュース

新聞折込チラシ掲載問題の解答

チラシ掲載問題の解答 ご覧いただき、ありがとうございます。解答は以下の通りです。 【問1】こうえん/ 走りまわっている/子犬 【問2】まことくん/高くない 【問3】医者/きょかされ(きょかしてもらっ) 【問4】ことばのい…

新着記事latest posts

no image

2021/5/6

エクタス社会

常識を疑う

「履歴書」というものを見たことはありますか?簡単に言うと「自分がどういう人間が知ってもらうための書類」です。小学生の皆さんにはなじみがないものですが、仕事を探したり、勤めたい企業に対して就職を申し込んだりする(「就職活動…

エクタス社会

no image

2021/4/28

エクタス社会

気象庁発表の「平年値」更新

気象庁の観測をもとに、各地の気温や降水量などについて示される「平年値」というものがあります。たとえば天気予報で、「今日の東京の最高気温は平年に比べて8度高く、7月上旬並みの暖かさとなる見込みです」といった場合の「平年に比…

エクタス社会

no image

2021/4/22

エクタス国語科より筑駒開成中

『先入観にとらわれない』

もうすぐGW…と言いたいところですが、今年は昨年同様に、「黄金週間」ならぬ「自粛週間」となりそうな気配を感じます。ただ、受験学年の生徒にとっては、周りが騒がしく遊びに行っているよりも、かえって集中して勉強できるかもしれま…

エクタス国語科より筑駒開成中

pagetop