『運を自力で呼び込もう』

2021/6/23

エクタス国語科より

コロナ禍で延期されていた東京五輪ですが、いよいよ開催が近づきました。本来であれば昨年開催されもう終わっているはずのオリンピック。去年予定通り開催されていれば出場できたかもしれないのに延期されたために出場できない選手もいれば、逆にこの1年で実力を伸ばし出場切符を手にした選手もいるようです。
中学受験でも似たようなことがないわけではありません。低学年のころからきちんと受験勉強をしてきてほぼ合格間違いない、と思われた生徒がその年に限って苦手な分野からの出題ばかりで不合格…とか、模試の結果からは合格可能性が極めて低かったにもかかわらず、当日の問題が自分に解きやすいものばかりで合格を勝ち取った…等々。

昔から、こうしたことには運・不運がつきものとよく言われます。でも、「運も実力のうち」などと聞いたことのある人も多いと思います。すべてを運任せにしていては、当然のことながら合格など夢の話。自信をもって試験会場に足を運ぶためにも、日々の努力を欠かせないのは言うまでもありません。
運・不運のひと言で片づけてしまうのは簡単ですが、長年生徒たちの様子と受験結果を見るたびに、やはり日頃努力をしている生徒には運も味方してくれているように感じます。もっと言うなら、運を呼び込む生徒がいるように感じます。

そう思える生徒の共通点は「自分に正直になる」「課題を愚直にこなす」点です。人間は、自分の欠点(=できない点)を認めたくない気持ちがどこかにあるものです。「なんでこんなこと書いちゃったんだろう…」「本当はわかっていたのに…」いわゆるケアレスミスも、得点できなかったことは事実です。なのに、「本当はできるのだから」と、深く反省しない。反省しないから同じ失敗をする…
本当に「伸びる」生徒は、簡単なミスほど悔しがります。そして、自分がそうした間違いをしたことを忘れてしまわないように徹底的に解き直したり練習したりします。自分はこれが出来なかったと正直に認めるから、そうした努力も厭わないのです。
課題への取り組み方も大変重要です。面倒くさいけどやらないと叱られるし…などと思いながら向き合う課題なら、成果は半分以下でしょう。それぞれの先生たちは、「これをやってもらうことで生徒の成績を伸ばしたい」と、課題を与えています。それを信じ、とにかくやり切ろう、そしてさらにどんなことをしたらいいか聞きに行こう…と考えられるような人は間違いなく伸びていきます。ただ機械的にこなすだけでは、効果も半減です。

いよいよ、長い夏休み。受験生はこの夏の成果が合否に直接影響するといっても過言ではありません。その大切な時期に、実りある学習ができるように、気持ちの持ちようも変えていき、「運を呼び込める」ようになってほしいと思います。

関連記事related posts

エクタス国語科より有名・最難関中学校紹介

2018 御三家の哲学③

  ~武蔵中の出題から~ 人間は、今や、大半の仕事で、ロボットよりも能力的に劣った存在だ。それで、構わない。しかし、多くの人は、「人間こそが最高の存在である」という特権意識を脱していない。そこを突き崩してこそ、…

エクタス国語科より

小学校4・5・6年生の夏休み読書感想文

暑い日が続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。 熱中症にならないように服装・室温・水分補給・ミネラル補給に注意しましょう。 さて、夏休みの課題といえば読書感想文。読書が大好きでも、感想を書くのを苦手としている方は多…

エクタス国語科より

複数の学校で出題された同じ本

  日本にはたくさんの私国立中学校があり、世界では日々たくさんの本が出版されています。その中で、同じ本の文章が複数の中学校で出題されることがあります。   エクタス生にかかわりの深い御三家中学の問題で…

新着記事latest posts

no image

2021/10/18

エクタス算数科

「2022問題」対策について

毎年、西暦の数字にまつわる問題はよく出題されます。来年は2022年ですから、2022にまつわる問題が出題されることは予想できます。これを「2022問題」と呼ぶことにします。この対策として次の問題を考えてみましょう。 【問…

エクタス算数科

no image

2021/10/13

エクタス国語科より

筑駒・男女御三家・駒東合格へのあと100日の国語学習法

10月24日で、2月1日まであと100日となります。これは毎年共通の残り日数、残り時間です。受験生は大体週に最低4日は塾の授業に参加していると思うので、100に7分の4を掛けて100から引くと、塾の授業がない日が出ます。…

エクタス国語科より

no image

2021/10/13

エクタス理科より

ノーベル物理学賞を日本出身者が受賞

暑さが一段落して少しずつ涼しくなってきていますね。受験生のみなさん、気温の変化に気をつけて勉強に励んで下さい。 さて、先日2021年のノーベル賞受賞者が発表され、日本出身の眞鍋淑郎氏がノーベル物理学賞を受賞しました。受賞…

エクタス理科より

pagetop