ピンチをチャンスに

2020/3/16

エクタス国語科より武蔵中筑駒開成中麻布中

2020年は、新型コロナウィルスの影響により世界中が大混乱の日々となっています。学校もほとんどが臨時休校となり、大きなイベントも自粛要請が続き、今年開催予定の東京オリンピックでさえ開催が危ぶまれる声が出ています。
私自身、東日本大震災以外ではこれほど長く休講せざるを得ない状況は初めてです。病気の感染はもちろん、人々が多くのことを自粛することにより経済活動にも多大な影響が出ており、まさに大きなピンチといえる様相を呈しています。
ただ、ピンチだから…と暗くなるだけではどうすることもできません。むしろ、「このピンチをチャンスに変えてやろう!」というくらいの前向きな考え方こそ大切なのではないでしょうか。

たとえば、受験生の皆さんについて考えれば、本来はまだ普通に学校にも行き週何回か塾の授業を受け宿題をこなす…という日々であったはずです。でも、学校が長期休校となったため、使えるはずではなかった「時間」が皆さんには手に入りました。
この「時間」をいかに有効に使うか、是非考えてほしいと思います。たとえば、日ごろは学校・塾・習い事で時間がしばられて好きな本を読む暇なんてなかった…などという人も、学校がない分じっくり読書にも時間が使えます。また、苦手な科目がある人であれば、いつも宿題に追われる日々だったけれど少し過去にさかのぼって復習してみようか…等々。

ここで、2020年の中学入試で複数の中学が採用した文章をご紹介します。

宮下奈都   『つぼみ』(麻布・武蔵他2校)
朝比奈あすか 『君たちは今が世界(すべて)』(開成・海城他2校)
伊藤亜紗   『目の見えない人は世界をどう見ているのか』(筑駒・海城他4校)

複数の学校で出題されているということは、複数の中学の国語科の先生が「こうした作品に触れておいてほしい」と思っているということです。少しでも興味があれば、是非読んでみてください。

まだしばらくは混乱が続きそうですが、そうした周囲の状況に流されることなく、自分の意志を貫きこのピンチを乗り切っていきましょう。

関連記事related posts

エクタス国語科より

中学生になるまでに

新型コロナの影響で外に出なくなった分、家の中に目が行きます。私も出歩かなくてよいように自炊の割合を増やしました。ガスコンロも新調しました。水なしグリルは見事に魚を焼きあげてくれるので、魚を食べる回数も増えました。 冷蔵庫…

女子学院桜蔭中武蔵中開成中雙葉中麻布中

2019年 御三家入試問題より

雙葉中の出題から。  動物の生態については、思い込みや「常識」などの先入観にとらわれず、自分の目でありのままを直視することによって、新たに見えてくるものがある。(岩合光昭『生きもののおきて』による) 「頭のいい人」は、前…

エクタス渋谷教室ニュース女子学院桜蔭中武蔵中筑駒開成中雙葉中麻布中

試行力・記述力診断テスト

 エクタスでは低学年向けに、筑駒・御三家をはじめとする最難関中学合格に必要な力を診断する『試行力・記述力診断テスト』を定期的に実施しています。最難関中学合格を目標とした学習に必要な力を分類し、小学校低学年生の現…

新着記事latest posts

no image

2020/11/27

エクタス池袋校教室ニュースエクタス算数科

アンダーマイニング効果

アンダーマイニング効果をご存じでしょうか。 こんにちは、池袋校の荒井です。前回のブログでは「あなたを動機づける方法」について、教室での事例を交えて書かせていただきました。その中でも内発的動機づけは大きなプラス効果が確認で…

エクタス池袋校教室ニュースエクタス算数科

no image

2020/11/23

エクタス大宮校教室ニュースエクタス算数科

算数のおはなし その2

こんにちは。大宮校の宮下です。今回も前回に引き続き、算数のアプローチについて考察してみます。 例①  37㎞を11.1分で進むとき,24分で何㎞進みますか。 速さを求めると、37÷11.1×60=200より時速200㎞。…

エクタス大宮校教室ニュースエクタス算数科

no image

2020/11/19

エクタス国語科より女子学院

2020 御三家の哲学⑤

女子学院中の出題から。 何でも知識や既成概念のフィルターで世の中を見る大人と違い、子どもの世界は、いつも、驚きや発見であふれている。どんなものでも、はじめてみつける感動が大きい。だから、たとえば、音楽や絵画においても、上…

エクタス国語科より女子学院

pagetop