ピンチをチャンスに

2020/3/16

エクタス国語科より武蔵中筑駒開成中麻布中

2020年は、新型コロナウィルスの影響により世界中が大混乱の日々となっています。学校もほとんどが臨時休校となり、大きなイベントも自粛要請が続き、今年開催予定の東京オリンピックでさえ開催が危ぶまれる声が出ています。
私自身、東日本大震災以外ではこれほど長く休講せざるを得ない状況は初めてです。病気の感染はもちろん、人々が多くのことを自粛することにより経済活動にも多大な影響が出ており、まさに大きなピンチといえる様相を呈しています。
ただ、ピンチだから…と暗くなるだけではどうすることもできません。むしろ、「このピンチをチャンスに変えてやろう!」というくらいの前向きな考え方こそ大切なのではないでしょうか。

たとえば、受験生の皆さんについて考えれば、本来はまだ普通に学校にも行き週何回か塾の授業を受け宿題をこなす…という日々であったはずです。でも、学校が長期休校となったため、使えるはずではなかった「時間」が皆さんには手に入りました。
この「時間」をいかに有効に使うか、是非考えてほしいと思います。たとえば、日ごろは学校・塾・習い事で時間がしばられて好きな本を読む暇なんてなかった…などという人も、学校がない分じっくり読書にも時間が使えます。また、苦手な科目がある人であれば、いつも宿題に追われる日々だったけれど少し過去にさかのぼって復習してみようか…等々。

ここで、2020年の中学入試で複数の中学が採用した文章をご紹介します。

宮下奈都   『つぼみ』(麻布・武蔵他2校)
朝比奈あすか 『君たちは今が世界(すべて)』(開成・海城他2校)
伊藤亜紗   『目の見えない人は世界をどう見ているのか』(筑駒・海城他4校)

複数の学校で出題されているということは、複数の中学の国語科の先生が「こうした作品に触れておいてほしい」と思っているということです。少しでも興味があれば、是非読んでみてください。

まだしばらくは混乱が続きそうですが、そうした周囲の状況に流されることなく、自分の意志を貫きこのピンチを乗り切っていきましょう。

関連記事related posts

エクタス国語科より筑駒開成中

『先入観にとらわれない』

もうすぐGW…と言いたいところですが、今年は昨年同様に、「黄金週間」ならぬ「自粛週間」となりそうな気配を感じます。ただ、受験学年の生徒にとっては、周りが騒がしく遊びに行っているよりも、かえって集中して勉強できるかもしれま…

エクタス国語科より桜蔭中

2021年桜蔭中 国語の入試問題を紹介します。

試験時間50分 満点100点説明文1題4問 物語文1題7問解答形式  字数制限なし 大問1 説明文 出典は稲垣栄洋『はずれ者が進化をつくる 生き物をめぐる個性の秘密』から。この出典からは、他にもラ・サール、鷗友学園女子、…

女子学院桜蔭中武蔵中知って得するマメ知識筑駒開成中雙葉中麻布中

頑張れ受験生!中学入試の心得

およそ1月入試も一段落し、神奈川県東京都の小6生はいよいよ本番まであと10日となりました。 神奈川県東京都の小6生の多くにとって1月入試校は進学する可能性が低い学校ではあると思いますが、それをただの模試とは考えてはなりま…

新着記事latest posts

no image

2021/10/18

エクタス算数科

「2022問題」対策について

毎年、西暦の数字にまつわる問題はよく出題されます。来年は2022年ですから、2022にまつわる問題が出題されることは予想できます。これを「2022問題」と呼ぶことにします。この対策として次の問題を考えてみましょう。 【問…

エクタス算数科

no image

2021/10/13

エクタス国語科より

筑駒・男女御三家・駒東合格へのあと100日の国語学習法

10月24日で、2月1日まであと100日となります。これは毎年共通の残り日数、残り時間です。受験生は大体週に最低4日は塾の授業に参加していると思うので、100に7分の4を掛けて100から引くと、塾の授業がない日が出ます。…

エクタス国語科より

no image

2021/10/13

エクタス理科より

ノーベル物理学賞を日本出身者が受賞

暑さが一段落して少しずつ涼しくなってきていますね。受験生のみなさん、気温の変化に気をつけて勉強に励んで下さい。 さて、先日2021年のノーベル賞受賞者が発表され、日本出身の眞鍋淑郎氏がノーベル物理学賞を受賞しました。受賞…

エクタス理科より

pagetop