意味を間違えやすい言葉

2020/6/17

エクタス国語科より

こんにちは、大宮校の佐藤です。長かった休校期間が終わり、エクタスでは6月8日より対面授業が始まりました。子どもたちが会えなかった時間を取り戻すかのように、いきいきと授業を受けてくれることを嬉しく思います。
5年生の国語の授業では、知識問題「語句の意味・用法」の確認をしました。

問一 次の熟語の意味を後から選んで、記号で答えなさい。
 1「小春日和」
  ア 二月から三月にかけて寒さがゆるんできたころの天気
  イ 四月の光あふれるおだやかな天気
  ウ 十一月ごろのあたたかい天気

正解はウです。
何人かは間違っていました。「春」とあるので、まぎらわしかったようです。

このように、正しいと思い込んで使っている言葉は意外に多く、普段の会話やテレビで使われている言葉でも意味を間違いやすい言葉があります。いくつか紹介します。

・「雨模様(あめもよう)」
 〇雨が降りそうな様子。
 ×雨の降る様子。最近ではこちらでも意味が通ります。

・「うがった見方」
 〇本質を的確にとらえた見方。
 ×ひねくれた見方。

・「おもむろに(徐に)」
 〇落ち着いて、ゆっくりとした様子。
 ×急に。不意に。
 ちなみに、「やおら(徐ら)」も間違えやすいです。どちらも徐々(じょじょ)にという意味ですね。

・「姑息(こそく)」
 〇一時の間に合わせに物事をする。
 ×卑怯な。

・「さわりの部分」
 〇最も感動的な部分。話の要点。
 ×話の最初の部分。

・「潮時(しおどき)」
 〇ちょうどいい時期。
 ×あきらめる時期。

・「流れに棹(さお)さす」
 〇流れに従う。
 ×流れにさからう。 

・「なし崩(くず)し」
 〇物事を少しずつ済ませて行く。
 ×あいまいなまま、流れるままに。

・「煮詰(につ)まる」
 〇議論などが結論を出す段階になる。
 ×結論が出せない状態になる。

・「破天荒(はてんこう)」
 〇前人未到の偉業を成し遂げる
 ×無茶なことをする 

これらは、国語に関する世論調査や関連書籍から抜粋させていただきました。
以前は誤りとされた使い方が、一般的に認識されるにつれて「その使い方もアリ」となることもありますが、できるだけ正しい言葉の使い方、意味を知っているほうがいいですね。

関連記事related posts

エクタス国語科より武蔵中筑駒開成中麻布中

ピンチをチャンスに

2020年は、新型コロナウィルスの影響により世界中が大混乱の日々となっています。学校もほとんどが臨時休校となり、大きなイベントも自粛要請が続き、今年開催予定の東京オリンピックでさえ開催が危ぶまれる声が出ています。 私自身…

エクタス国語科より

3年生のこの時期に

受験の時期の関係で、塾では2月から新学年です。 ということは、3年生の皆さんは、あと数ヶ月で受験生の仲間入りです。 今日は、国語科の担当として、4年生に上がる前にどんなことが出来ていてほしいか、書きたいと思います。 ①3…

エクタス国語科より

常識について

 先日授業で山の様子をたとえる問題を扱いました。何にたとえていたかというと『ぞうげ』、象の牙にたとえていました。これがエクタスに通う優秀なお子さんでもわからない方が複数名いらっしゃいました。つまり大人(問題作成者)にとっ…

新着記事latest posts

no image

2020/7/6

エクタス社会

社会科のおすすめ本 その1

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、皆さんの今年の夏休みは例年よりも短くなってしまいました。そうなると、学校の授業が続く中で塾の夏期講習もあって、「本なんて読むヒマがない!」という声が聞こえてきそうです。でも、そういう…

エクタス社会

no image

2020/7/6

エクタス算数科

連続する整数による和分解

問題です。 1から100までの整数のうち、1以上の連続する整数の和で表すことができる整数について考えます。たとえば、3=1+2、6=1+2+3、33=10+11+12のように、3、6、33は連続する整数の和で表すことがで…

エクタス算数科

no image

2020/7/2

エクタス算数科

さくし

さて、『さくし』と聞いてどんな言葉を思い浮かべますか?パソコンなどで入力・変換すれば、大抵は『作詞(作詩)』が出てくることでしょう。『策士』をすぐに思い浮かべた人はなかなかにマニアックだと思いますし、『佐久市』なら結構な…

エクタス算数科

pagetop