知っている「つもり」で終わらせない

2019/11/1

エクタス国語科より

今年も残すところ2ヶ月となりました。
「光陰矢の如し」という言葉を最も実感しているのは受験学年の皆さんではないでしょうか。「時は金なり」ともいうように、時間の大切さは改めて説明するまでもないでしょう。残された時間は短いかも知れませんが、あと〇日「しか」ない、と考えるのではなく、まだ〇日「も」ある、と発想を転換し、残された時間を有意義に使ってほしいと思います。

さて、振り返ると2019年も様々なことがありました。記憶に新しいところでは新しく天皇陛下が即位された、とか、ラグビーのワールドカップで日本がベスト8まで勝ち残った、とか…
逆にマイナスの面では、東日本の台風による災害も大きなものでした。さかのぼれば西日本でも豪雨による天災に見舞われました。被災された地域の方々には、一刻も早い復興を祈るばかりです。
ところで、そうした災害はこれまでに幾度となく繰り返し起きています。大きな被害が出るたびにマスコミ等で「防災の意識を・・・」と報道されます。海や河川の近くに住む人は洪水の、また山の斜面の近くに住む人は土砂災害の恐ろしさを「わかっている」はずです。でも、天災は残念なことに大きな被害を繰り返し起こしています。「わかっている」ではなく「わかっているつもりだった」と語る被災者も少なくありません。

皆さんもこのように「わかっているつもり」で,実はよく知らなかった…という経験が多少なりともあるかと思います。国語に限らず,算数・理科・社会の知識はもちろん,身の回りのちょっとした事象についても知っている「つもり」でいることは多いのではないでしょうか。

昨年もこのブログで同じことを書かせていただきましたが、近年、私立中学の国語の先生方を中心によく言われるのは「今の子どもたちは言葉を知らない」ということです。国語は知識問題だけでなく、読解問題も言葉をどれだけ知っているか、で大きく理解度もかわってきます。

最近の国語科の入試問題を解いていくと,それぞれの中学の国語科の先生方がそうした盲点を突いたような問題を作成されているように思います。特に言葉や文法関連の知識は,大人でも「そうだったんだ…」と思うような出題が多くみられます。
そうした出題にいつでも対応できるようにするためには、確かな知識を身につけておくことは言うまでもありません。が、それがなかなか出来ないから、そうした出題で得点差がつくのも事実です。
そこで、みなさんにお勧めしたいことがあります。それは「辞書を読む」習慣です。辞書は、知らない言葉の意味や知らない漢字を調べるためのもの、と考えている人が多いでしょう。無論、辞書を作成するおおもとの意義はそこにあります。ただ、せっかく買った辞書をきれいなまま本棚に飾っておいて、気がついてみたらほこりをかぶっていた…などというのではもったいない気がしませんか。
寝る前にパッと開いたページだけ読んでみる。国語辞典でも漢字辞典でも、ことわざ辞典でもなんでもいいのです。ちょっと読んでみただけで「この言葉にはこんな意味や用法があったんだ…」「この漢字はもともとこういう意味だったのか…」等々、新たな発見が多数あると思います。また、そういう時に見たものほど、日ごろの宿題の意味調べなどで見たものよりはるかに自分の頭の中に定着させられるものです。

受験生に求められる力には様々なものがありますが、もっとも大切なのは「なぜ?」と思える力だと私は思います。歴史にも名を残すような有名な学者たちは例外なく「なぜ?」のスタートラインから研究を始めていったはずです。みなさんも「当然知っています」で終わらせることなく、確かな知識を身につけるために新しい習慣を始めてみませんか?

関連記事related posts

エクタス国語科より

読書と会話

  受験生にとって天王山とも言うべき夏が終わりました。今年は雨の日が多く、夏らしい日がほとんどないまま9月を迎えましたね。みなさんの夏休みの成果はいかがでしたか。 順調にこなせた人もそうでない人も、ここで気持ち…

エクタス国語科より

『運を自力で呼び込もう』

コロナ禍で延期されていた東京五輪ですが、いよいよ開催が近づきました。本来であれば昨年開催されもう終わっているはずのオリンピック。去年予定通り開催されていれば出場できたかもしれないのに延期されたために出場できない選手もいれ…

エクタス国語科より

知っている「つもり」で終わらせない

  先日,「漱石の妻」という連続ドラマをNHKで視聴しました。漱石の作品は今までいくつも読みましたし,漱石にまつわる本もいろいろ読んできたので,自分としては作家・夏目漱石についてある程度知っているつもりでしたが…

新着記事latest posts

no image

2021/10/18

エクタス算数科

「2022問題」対策について

毎年、西暦の数字にまつわる問題はよく出題されます。来年は2022年ですから、2022にまつわる問題が出題されることは予想できます。これを「2022問題」と呼ぶことにします。この対策として次の問題を考えてみましょう。 【問…

エクタス算数科

no image

2021/10/13

エクタス国語科より

筑駒・男女御三家・駒東合格へのあと100日の国語学習法

10月24日で、2月1日まであと100日となります。これは毎年共通の残り日数、残り時間です。受験生は大体週に最低4日は塾の授業に参加していると思うので、100に7分の4を掛けて100から引くと、塾の授業がない日が出ます。…

エクタス国語科より

no image

2021/10/13

エクタス理科より

ノーベル物理学賞を日本出身者が受賞

暑さが一段落して少しずつ涼しくなってきていますね。受験生のみなさん、気温の変化に気をつけて勉強に励んで下さい。 さて、先日2021年のノーベル賞受賞者が発表され、日本出身の眞鍋淑郎氏がノーベル物理学賞を受賞しました。受賞…

エクタス理科より

pagetop