筑駒国語入試問題から学ぶ

2021/1/20

エクタス国語科より筑駒

筑駒の過去の入試問題で「脳の働き」について書かれた説明文が出題された年がありました。それによると、脳には「言語」とか「文化」を司る「大脳新皮質」の部分と、「感情」「行動」「情緒」を司る「大脳旧皮質」の部分があるそうです。

いわゆる問題演習等、机に向かってのドリル演習は、「大脳新皮質」の部分中心に行われ、特に「論説文」「説明文」は、「授業」と「問題演習」で鍛えられるのではないかと思います。
成績上位生の多くは、文章に書かれている筆者の意見を書かれているとおりに読み取れば正解を導ける「論説文」「説明文」は、それほど苦手ではなくなり、むしろ良く出来るようになってきます。
課題になるのは、「物語文」「随筆文」等の「文学的文章」と呼ばれる文章なのではないでしょうか。「大脳旧皮質」の部分と関係あるのかも知れません。この部分は「授業」「問題演習」+「何か」の力が必要だと感じます。ドリル演習だけでは身につかない「何か」です。その「何か」は「感受性」という言葉で置き換えられるかも知れません。
「太郎君はうつむきました」と書いてあっても読んで何も感じない生徒は、「どうしてうつむいたのですか」と問題で聞かれて初めて、どうしてうつむいているのか、考えるわけです。
読みながら、太郎君は悲しみをこらえてうつむいているんだな、と感じ取れる生徒は、より精度の高い答案を記述出来るわけです。

ではこういう力というか、「感性」というか「感受性」はどうすれば養えるのでしょうか。正確な答えは一律には導き出せないのかも知れませんが、日常生活の中で、見たもの、読んだもの、聞いたもの、話したこと、書いたこと、の表現を繰り返すことで、少しずつ身についていくものなのではないかと思います。
読書、テレビ、映画鑑賞、旅行(今は行けませんが)、友達や親との会話等を通じて少しずつ培われて行くのではないでしょうか。
人の思考はすべて、口にするかしないかに関わらず、脳の中で「言語」で行われているはずです。例えば「今日はまずあれをして、その後これをして」とか、「このテレビ面白かったなあ」とか、「おなか空いたなあ」とか。この心の中での会話を意識して多くする、豊かな内容でする、を実行させてみて下さい。ご家庭でもぜひ素敵な会話のやり取りを心がけてみて下さい。
「感受性」がより豊かになれば、ドリル演習+「何か」の「何か」の部分が補われ、試験時間という短い時間の中で、より良い言葉を選び出せるようになると思います。 (中村)

関連記事related posts

女子学院桜蔭中武蔵中筑駒開成中雙葉中麻布中

2020年中学入試 筑駒・御三家 国語出典

<筑波大駒場> 伊藤亜紗「ゼロとお寿司」(随筆) 朝倉かすみ『ぼくは朝日』(物語文) 蜂飼耳「栞」(詩)   <開成> 朝比奈あすか『君たちは今が世界すべて』(物語文) 瀬川千秋『中国 虫の奇聞録』(説明文) …

エクタス国語科より

常識について

 先日授業で山の様子をたとえる問題を扱いました。何にたとえていたかというと『ぞうげ』、象の牙にたとえていました。これがエクタスに通う優秀なお子さんでもわからない方が複数名いらっしゃいました。つまり大人(問題作成者)にとっ…

エクタス国語科より

読書と会話

  受験生にとって天王山とも言うべき夏が終わりました。今年は雨の日が多く、夏らしい日がほとんどないまま9月を迎えましたね。みなさんの夏休みの成果はいかがでしたか。 順調にこなせた人もそうでない人も、ここで気持ち…

新着記事latest posts

no image

2021/5/6

エクタス社会

常識を疑う

「履歴書」というものを見たことはありますか?簡単に言うと「自分がどういう人間が知ってもらうための書類」です。小学生の皆さんにはなじみがないものですが、仕事を探したり、勤めたい企業に対して就職を申し込んだりする(「就職活動…

エクタス社会

no image

2021/4/28

エクタス社会

気象庁発表の「平年値」更新

気象庁の観測をもとに、各地の気温や降水量などについて示される「平年値」というものがあります。たとえば天気予報で、「今日の東京の最高気温は平年に比べて8度高く、7月上旬並みの暖かさとなる見込みです」といった場合の「平年に比…

エクタス社会

no image

2021/4/22

エクタス国語科より筑駒開成中

『先入観にとらわれない』

もうすぐGW…と言いたいところですが、今年は昨年同様に、「黄金週間」ならぬ「自粛週間」となりそうな気配を感じます。ただ、受験学年の生徒にとっては、周りが騒がしく遊びに行っているよりも、かえって集中して勉強できるかもしれま…

エクタス国語科より筑駒開成中

pagetop