2020 御三家の哲学②

2020/5/20

エクタス国語科より麻布中

麻布中の出題から。

活け花を習う高校生、紗英の学び。
皆から愛称で呼ばれ、屈託のない笑顔をふりまく「さえこ」というキャラではなく、本当の自分らしさを求める。しかし、たとえば、活け花という一つの分野にあっても、いきなりオリジナリティーを発揮することはできず、先人たちの知恵が凝縮された「型」を身につけた先に、ようやく個性を発揮する自由は訪れることを、母や祖母から教わった。
中学のとき同級生だった、ともに活け花を習う朝倉くんは、輝かしい存在だ。しかし、彼の意識は、私を守ってくれる姉に向いてしまっている。私は、今は「まだまだ」だ。でも、型の習得に励み、やがてそこを破り、いつかきっと「私だけの花」を活けてみせる。そこに示す真の魅力で、彼を振り向かせてみよう!
(宮下奈都『まだまだ、』による)

ここに登場する人物は、みなさんより何歳か先輩にあたる高校生です。大人への階段を駆け上がっている真っ最中ですから、ちょうど、「自分らしさ」に迷い、もがき、葛藤と呻吟を繰り返しながら、個性を練り上げている頃でしょう。みなさんも、やがて通る道に違いありません。

ここでは、自己実現に向けての大きなヒントが示唆されています。つまり、確かなアイデンティティーを形成するためには、どんな分野であっても、まず、先人たちによって定められた道を究めつくすことから始めねばならない、ということです。きっとそこには、厳しき鍛錬に伴う、多くの苦悩が待ち受けていることでしょう。

逆説的ですが、真の自由と自立は、多くの制約下における鍛えをくぐり抜けた果てに訪れるというべきなのかもしれません。訓練を受けるべきときに、自由奔放に過ごし、安逸をむさぼり、表面的な権利を振りかざしてばかりいては、やがて、行き詰まってしまうのかもしれません。

だから、今、みなさんにとって、「やりづらい」「生きづらい」「面倒くさい」ことが多くあるということは、みなさんのなかに、それを突破して得られるであろう素晴らしい可能性が満ち溢れているということになるのではないでしょうか?足枷(あしかせ)、即、自由!また一つ、大事な気づきを与えてくれた今年度の麻布中の出題でした。

関連記事related posts

エクタス国語科より

筑駒・御三家中 入試 国語出典

2019年 筑駒・御三家中学入試 国語出典 <筑波大駒場> 椹木野衣『子供の絵』(説明文) 石垣りん『シジミ』(詩)      『ユーモアの鎖国』(随筆)   <開成> 荻原浩『空は今日もスカイ』(物…

エクタス理科より麻布中

麻布中の理科の入試問題より

吉祥寺校の久道です。 あたたかい日と肌寒い日が代わる代わるきて、気温の差が激しい日が続いていますね。 家から出る機会は少ないと思いますが、家の中にいる間も換気などで窓を開けることが多いと思います。 上着やタオルケットなど…

エクタス国語科より

マーキング

   中学受験を目指す小学生なら、今まで何問も国語の文章問題を解いてきたと思います。テキストの問題、テスト等、何問も文章を読み、答えてきたことでしょう。  小学校でのテスト(いわゆる「カラーテスト」)レベルなら…

新着記事latest posts

no image

2020/9/30

エクタスニュースエクタス池袋校教室ニュース

あなたを動機づける方法

こんにちは。池袋校の荒井です。 あなたは、なぜ勉強するのですか。 勉強のモチベーションを高めるにはどの様な方法があるでしょうか。今日は教育心理学の視点とエクタスの教室での経験を踏まえて、あなたの勉強の動機づけについて考え…

エクタスニュースエクタス池袋校教室ニュース

no image

2020/9/30

エクタス社会筑駒

社会科の時事問題について筑駒の出題から考える

小6受験生の皆さんは、志望校に向けた対策も本格的に始まり、社会科の過去問に取り組む機会も増えてきました。以前の入試問題を解いていると、いわゆる「時事問題」と呼ばれる出題に遭遇することもあると思います。その年の受験生にとっ…

エクタス社会筑駒

no image

2020/9/24

エクタス大宮校教室ニュースエクタス算数科

「算数のおはなし」

こんにちは。大宮校の宮下です。今回は、算数のアプローチについて考察してみます。 文章中の分数は割合を表していますが、数学ではこのまま分数で処理をすることがほとんどです。しかしながら算数は数学ではありません。算数はエレガン…

エクタス大宮校教室ニュースエクタス算数科

pagetop