2020 御三家の哲学③

2020/7/20

エクタス国語科より武蔵中

武蔵中の出題から。

母を亡くした中学二年生の少年。父・妹とともに、九州の母の実家に転居。
大事な家族を失って、妹ともども、茫然自失。
かつて、読書は好きだった。でも、母も好きだった本は、母を連想させるので、手に取れない。
そんなとき、同じ歳くらいの見知らぬ少女から、たまたま本屋である本をすすめられ、読書の楽しみを思い出す。また、なんとなくなつかしい感じのする少女との出会いに、胸をときめかせる。
さらに、少女から教えられた本を、転校先のクラスのリーダー格の少年にすすめたことをきっかけに、クラスメンバーとの距離も縮まったようだ。球技大会のバレーでしくじっても、皆、励まし、支え、守ってくれるではないか!
ようやく、少しずつ、前を向いて歩けるようになってきたかな…
(宮下奈都の文章より)

私たちは、さまざまな「きっかけ」や「縁」「転機」に支えられて生きていますね。この少年も、まず、母の死を前に、悲痛な思いに沈みました。しかし、不思議な少女との邂逅や本との遭遇、また、転校先のクラスメイトとの出会いによって多くの可能性を得、失望と葛藤の淵から少しずつ立ちあがれたようです。

他方、もし、この少年の絶望が、助縁となった少女や本・クラスメイト等への興味を押さえ込むほどに大きかった場合、少年は、閉じた世界への沈溺を余儀なくされたまま、社会への窓を閉ざさねばならないのでしょうか?また、いかなる「縁」に行き当たるかは、偶然の産物と片付けてよいでしょうか?

ここには、“身辺の「縁」を、自身の運命を前向きに切り拓く方向に転換すべきは、個人の意志力一つである”…といった単純な精神論・自己責任論では割り切れない、何かがあるようです。答えは、容易ではありません。

しかし、まず、真正面から向き合うことはできる。自身を取り巻く現実と四つに組み、もがき続けることはできる。その果てに、もしかしたら、希望の燭光が見えてくるかもしれない。…作中の少年も、その果てに元気になれたのかもしれない。こんな、凡人なみの知恵の大切さに気づかせてくれた、本年度の武蔵中の出題でした。

関連記事related posts

エクタス国語科より

「筑駒の国語 記述問題攻略法」

  前回のブログで筑駒の国語突破には、「スピード」「記述力」「いつでもできる」の3つが大切だとお伝えしました。今回はその中でも、筑駒の国語で合格点をとるための胆となる「記述」についての攻略法をご説明致します。 …

エクタス国語科より

「筑駒の国語 詩の攻略法」

  筑駒国語の入試問題の時間配分を考えると,大問一15分+α,大問二15分+α,大問三(詩)10分-α,となり,最大10分,実際は10分も使えない場合が多いでしょう。 その10分以内で問題に立ち向かえるアプロー…

女子学院桜蔭中武蔵中筑駒開成中雙葉中麻布中

筑駒・御三家・駒東 2020年秋の文化祭

その学校の生徒とその発表を見られる文化祭は志望校を決めるときに大いに参考になることでしょう。 しかし、今年はコロナウィルスの影響によって、受験生や保護者の方々が見学できる学校は少ないようです。 例年秋に文化祭を行う学校の…

新着記事latest posts

no image

2021/9/16

エクタス国語科より

出題者の意図

受験生にとって天王山とも言うべき夏が終わりました。去年に続いてコロナ感染拡大の中でしたが、十分成果は出せたでしょうか。 順調にこなせた人もそうでない人も、ここで気持ちを新たにして残り期間を有意義に過ごしてほしいものです。…

エクタス国語科より

no image

2021/9/9

エクタス理科より桜蔭中筑駒

『平年』の変更

今年は、西暦2021年ですね。西暦の1の位が『1』になると、気象庁で用いるデータの『平年値』が変更になります。 2020年までの10年間は、1981年~2010年の30年間の気象データを用いて平年値を計算していました。 …

エクタス理科より桜蔭中筑駒

2021/9/8

お知らせピックアップ

【小1~3】10月 試行(思考)力・記述力 診断テスト 申込受付中

低学年の現段階で求められる力を診断 筑駒・御三家を目指す上で必要となる、与えられた未知の課題を試行錯誤して正解を導き出す「試行力」、考えた答えを書き言葉で表現するための「記述力」。 最難関中学受験専門塾だから可能な、『試…

お知らせピックアップ

pagetop