2020 御三家の哲学④

2020/9/21

エクタス国語科より桜蔭中

桜蔭中の出題から。

登山は、一定のルールに縛られるスポーツではなく、高度な判断と成り行きの連動作業による本質的に自由な「旅」のようだ。
冒険の本質は、自然との関係性を構築し、自然の中で生きることで自己存在確認する魅力にある。
一方、極地探検においてGPSを使うと、位置情報を便利かつ正確に知ることができるが、自然とじかにぶつかり、身体的五感を通じて、その地の真の姿をつかむ醍醐味は失われてしまう。
(角幡唯介『エベレストには登らない』による)


筆者は、自身の自由意志に全幅の信頼を置いているようです。

既存のありように身を委ね、安定と安心に浸るよりは、臨場感あふれる冒険に敢えて身を投げ、心地よい緊張を楽しむことに生きがいを見出す。それこそ、探検家としての真骨頂なのでしょう。

私たちは、古今東西の歴史的経験や科学的発見を通し、幾多の定評ある座標軸を獲得してきました。少なくとも、初等中等教育段階においては、それらの習得が大目的になるといってよいでしょう。

しかし、人間は、認識・判断の大きな枠組みを会得し、そこに多くの情報を加えるにとどまらず、それらを活用して、自分にとっての幸福感や価値を創り上げようとする営為に進みます。

その過程において、わが身をさらす環境が過酷であればあるほど、理想と現実の違いに葛藤したり、思うに任せぬ人間関係に苦渋したり……と、目的実現を阻む壁に直面して呻吟する機会は増えるに違いありません。

しかし、筆者は、そこにこそ「自己存在確認」の「魅力」があるという。

程度の差こそあれ、人は誰しも、この意味での「冒険」と無縁ではいられませんね。“何が出るかわからない”という緊迫感に、どこまで喜びを見出し得るか…結局、心を強く持つしかないのかもしれません。困難への挑戦に価値を見出す強靭な意志力…成否を決する鍵に気づかせてくれた、桜蔭中の出題でした。

関連記事related posts

エクタス国語科より有名・最難関中学校紹介桜蔭中武蔵中

2019 御三家の哲学③

桜蔭中・武蔵中の出題から。  (沖永良部島に墜落した特攻機に乗っていた)伍長「ぼくだけ生き残ってしまった…死んで神になるはずだったのに」 少女「ずっとここにいれば?戦争が終わるまで隠れていれば?」 伍長「いき…

エクタス国語科より

大人の常識 お子様の常識

  甲子園で活躍なさった選手の方々の進路がスポーツニュースで報道される季節になりました。今年もたくさんの熱い試合が、多くの人々の感動を呼びましたね。甲子園の土を販売する人がいることについても話題になるなど、注目…

エクタス国語科より筑駒開成中

『先入観にとらわれない』

もうすぐGW…と言いたいところですが、今年は昨年同様に、「黄金週間」ならぬ「自粛週間」となりそうな気配を感じます。ただ、受験学年の生徒にとっては、周りが騒がしく遊びに行っているよりも、かえって集中して勉強できるかもしれま…

新着記事latest posts

no image

2021/5/6

エクタス社会

常識を疑う

「履歴書」というものを見たことはありますか?簡単に言うと「自分がどういう人間が知ってもらうための書類」です。小学生の皆さんにはなじみがないものですが、仕事を探したり、勤めたい企業に対して就職を申し込んだりする(「就職活動…

エクタス社会

no image

2021/4/28

エクタス社会

気象庁発表の「平年値」更新

気象庁の観測をもとに、各地の気温や降水量などについて示される「平年値」というものがあります。たとえば天気予報で、「今日の東京の最高気温は平年に比べて8度高く、7月上旬並みの暖かさとなる見込みです」といった場合の「平年に比…

エクタス社会

no image

2021/4/22

エクタス国語科より筑駒開成中

『先入観にとらわれない』

もうすぐGW…と言いたいところですが、今年は昨年同様に、「黄金週間」ならぬ「自粛週間」となりそうな気配を感じます。ただ、受験学年の生徒にとっては、周りが騒がしく遊びに行っているよりも、かえって集中して勉強できるかもしれま…

エクタス国語科より筑駒開成中

pagetop