『基本』の大切さ

2016/11/10

エクタス国語科より

 

リョウヤクはクチにニガし


(良薬は口に苦し)


 


ヤマのあなたのソラトオく


(山のあなたの空遠く)


 


アサいカワもフカくワタれ


(浅い川も深く渡れ)


 


シるモノはイわず、イうモノはシらず


(知る者は言わず、言う者は知らず)


 


ヒャクブンはイッケンにしかず


(百聞は一見にしかず)


 


筑駒志望の受験生なら、ここ数年の過去問に目を通してふれていることでしょう。毎年、というわけではありませんが、これらのことわざ・格言・詩の一部をかなで表記しておいて、「カタカナは漢字に直してていねいに大きく一行で書きなさい」という設問が頻繁に出題されています。


決して難しい問題というわけではありません。むしろ、ここで得点できなければ合格は遠のく…とも言えそうな問題です。でも、入試問題として出題されている以上、何の意図もなく出題されているとは思えません。


 


以前、開成中学で「は・ひ・ ・へ・ 」の にあてはまるひらがなを答えさせる出題がありました。また「あまぞん川」の「あまぞん」をカタカナに直させる出題もありました。ただし、『正しい筆順、正しい形、正しいバランスで』という指示がついていました。ひらがな・かたかなですから、当然小学1年生の履修範囲です。この出題を初めて見たときに、基本中の基本である「ていねいに・正しく字を書く」ことの大切さを要求されているのだろう、と思ったものです。(その年に開成中学に入学した生徒から、「出題された先生が、合格者の中でもこの問題で得点できていない生徒がかなりいた、とおっしゃっていた」と聞きました。)


 


難関校を目指したい=簡単な問題では力がつかない→難問を数多く解かないと…


 


こんな考えに行きつく受験生・保護者の方が大勢いらっしゃいます。もちろん、その考え方を頭から否定する気はありません。ただ、基本をないがしろにしているように見受けられる生徒がいるのを見過ごせないのです。


2月1日まで残り2か月ちょっと、というこの時期は過去問を解くことが大切なのは言うまでもありません。出題傾向を知る・自分との相性を見る・苦手単元を絞り出す・時間感覚を養う…等々、効用はかなりあります。エクタスでも、過去問指導はとても重要視しており、生徒各自に解いたものを提出してもらっています。その解き方(書き方)を見ていると、毎年のことですが、生徒個々に大きな差が見られます。とてもていねいに(本番のつもりで)一字一字きちんと書いてある答案もあれば、なぐり書きとも言えるような、書いた本人でも判読が難しい字で書いてくる人もいます。


また、記述問題でもせっかくいいところに目をつけることができても、誤字・脱字や文末ミスで点を失う人が少なくありません。


もちろん、その都度注意していますが、その時に返ってくるのはたいてい同じセリフです。


 


「本番の時は気をつけます。」


 


入試本番でていねいに、気をつけて書くのは言うまでもありませんが、私はそのセリフは信用しません。練習でできないことが、なぜ本番でできるのか?野球で、練習もしていない変化球を本番で突然投げられるでしょうか?アイススケートで、練習もしたことのない4回転ジャンプをいきなり本番で飛ぶような選手がいるのでしょうか?


 ちょっと考えればわかることです。いきなり上手になる人はいませんが、日ごろから意識して練習するうちにどんなことも上達してくるものです。自分の解いた過去問や、授業で書いたノートなどをじっくり読み直してみて下さい。そして、「この書き方ではいけない」と、今気づいた人はまだ間に合います。


 


『木の長きを求むる者は必ず根本を固くす』


 


 どういう意味の言葉なのか、よく考えてみて下さい。この言葉を理解できた人は、もう大丈夫。ラストスパート、全力を出し切って下さい。


関連記事related posts

エクタス国語科よりエクタス大宮校教室ニュース

どれくらいの時間をかけて国語の文章を読むか

  読書の秋となりました。 秋の虫の音に包まれながら、好きな本をゆっくり読んでいたいものですね。 ところが、国語の入試問題となると、ゆっくり読んでいるヒマはありません。   年度によりますが、御三家中…

エクタス国語科より

「あわよくば筑駒へ から 確実に筑駒へ」

小6生対象「筑駒御三家土曜スーパー講座」の前期分が無事終了しました。自由が丘校と新規開校のたまプラーザ校で指導を担当致しましたが、かなり高度な記述問題に、みんな一生懸命取り組んでくれました。 過去の筑駒合格生の「並べ替え…

エクタス国語科より

季節感

  10月も半ばになりました。秋の深まりを感じる季節です。 芸術の秋・食欲の秋・スポーツの秋・文化の秋… 秋はいろいろな修飾語をつけて呼ばれることが多いですね。皆さんはいくつ思いつきますか? &nb…

新着記事latest posts

no image

2021/6/16

お知らせ

2021年度後期講座【申込受付中】

エクタスの2021年度後期講座の申込を受付中です。エクタスにお通いでない方も、各講座のページよりお問い合わせ・お申し込みいただけます。詳しくは、各講座のページをご確認ください。 【小4・5対象】筑駒・御三家プレ講座 【小…

お知らせ

2021/6/16

ピックアップ

小4・5「筑駒・御三家プレ講座 」【2021年度後期】体験受付中!

筑駒・御三家合格を目指す新小5生へ、今鍛えておきたい力を。 筑駒・御三家合格を最終目標とした場合、6年生での実戦演習の前に、身につけて欲しい力があります。算数では未見の問題を前にして戦える『現場思考力』・『問題解決力』が…

ピックアップ

筑駒・御三家最難関スーパー講座(小6生)

2021/6/16

ピックアップ

小6「筑駒・御三家最難関スーパー講座」【2021年度後期】体験受付中!

講座は土曜日午前を中心に設定、1科目から受講が可能です。受講生には担当講師のナビゲートにより個別カリキュラムを提案。 毎年筑駒・御三家・駒東合格者を輩出するエクタスの看板講座。エクタス指導の真骨頂である最難関中学の入試傾…

ピックアップ

pagetop