「メモ」の習慣をつけよう

2018/5/10

エクタス国語科より

 

 GWも終わり、2か月もすればもう夏休みです。受験生にとっての「天王山」も目前に迫りました。光陰矢のごとし、などと言われますが、月日の経つのは本当に早いものです。


 


 筑駒をはじめ、御三家はもちろん、難関と言われる中学の国語入試問題は記述問題の出来具合によって差がつく学校がほとんどです。ただ、一口に「記述問題」と言っても、ただ「書けばいい」というわけではありません。皆さんの中には、書くことが好きな人も嫌いな人もいるでしょうが、今回は記述をする上でのポイントについて考えてみましょう。


塾のテストやテキストの記述問題に取り組むとき、皆さんはまずどうしているか思い出してみて下さい。設問を読み、傍線部を確かめ、前後に手がかりを探し…という具合の人が大半ではないでしょうか。


私は、授業を通じてしつこいほど言っていることがあります。


 


①設問を熟読し、設問指示にチェックをつける。


②考える手順は後ろから(文末→答えの「柱」→飾り付け(修飾)部分)


③書く材料(②のもの)を余白にメモして書く順序を決めてから書き始める。


 


授業中、生徒諸君が記述問題に取り組む様子を見ていると、③の出来ている生徒はかなり少なく感じます。おそらく、頭の中で書く内容を整理した「つもり」で書いているのでしょう。でも、頭の中でまとめるのとメモを見ながらまとめるのでは、大変さが違うことは皆さんにもわかりますよね。「時間がないから…」「面倒だから…」等々、何かと理由をつける人も毎年いますが、慣れれば絶対にこのやり方の方が時間の無駄がなくせます。


また、①も意外に見落としがちです。「何を」「どのように」「どのくらい」書けばいいのか?それを、設問と解答用紙をしっかりチェックすることで判断できなくてはいけません。以前のブログでも書いたことですが、2017年の開成中の解答用紙に書かれた注意事項、


「1行のらんに2行以上書いたもの、小さすぎる字は減点の対象にします。」が、採点者の意向を反映しています。おそらく、「だらだらと余計なことまで書き連ねるのではなく、設問の意図を正確に読み取り、必要最低限の言葉で説明しなさい」ということでしょう。こういうことも、前述の「メモの習慣」がある人は、ポイントの取捨が容易にできるはずです。


 人間の記憶力は、よほど優れた資質のある人でなければたかが知れてます。それに頼るくらいなら、「メモ」の習慣を身につけてみませんか?受験生にとっても、まだ半年以上の時間があります。今までやってこなかった人も、今日から実践してみて下さい。


関連記事related posts

エクタス国語科より武蔵中筑駒開成中麻布中

ピンチをチャンスに

2020年は、新型コロナウィルスの影響により世界中が大混乱の日々となっています。学校もほとんどが臨時休校となり、大きなイベントも自粛要請が続き、今年開催予定の東京オリンピックでさえ開催が危ぶまれる声が出ています。 私自身…

エクタス国語科より

「得点源」を侮るな

  長かった夏休みも終わり、9月も末になりました。6年生は最後の追い込み期に入り、過去問・模試に追われ、1分1秒を惜しんで勉強しなくてはならない時期を迎えています。 筑駒をはじめ、御三家等の最難関校を目指す諸君…

エクタス国語科よりエクタス大宮校教室ニュース知って得するマメ知識

冬のことば 

  12月に入り、しだいに寒くなってきました。 先日12月7日は二十四節気でいう「大雪」でした。 雪が激しく降り始めるころ。『暦便覧』では「雪いよいよ降り重ねる折からなれば也」と説明されています。  …

新着記事latest posts

no image

2021/10/18

エクタス算数科

「2022問題」対策について

毎年、西暦の数字にまつわる問題はよく出題されます。来年は2022年ですから、2022にまつわる問題が出題されることは予想できます。これを「2022問題」と呼ぶことにします。この対策として次の問題を考えてみましょう。 【問…

エクタス算数科

no image

2021/10/13

エクタス国語科より

筑駒・男女御三家・駒東合格へのあと100日の国語学習法

10月24日で、2月1日まであと100日となります。これは毎年共通の残り日数、残り時間です。受験生は大体週に最低4日は塾の授業に参加していると思うので、100に7分の4を掛けて100から引くと、塾の授業がない日が出ます。…

エクタス国語科より

no image

2021/10/13

エクタス理科より

ノーベル物理学賞を日本出身者が受賞

暑さが一段落して少しずつ涼しくなってきていますね。受験生のみなさん、気温の変化に気をつけて勉強に励んで下さい。 さて、先日2021年のノーベル賞受賞者が発表され、日本出身の眞鍋淑郎氏がノーベル物理学賞を受賞しました。受賞…

エクタス理科より

pagetop