初めての記述力テスト

2019/7/18

エクタス国語科より

 

今年度から小学一年生対象の『試行力・記述力診断テスト』が始まりました。


テスト慣れしている方もいらっしゃいますが、多くの方々は塾のテスト未経験。


一生懸命頑張ってくださいました。


 


私は国語科の採点をいたしました。一年生が間違えたのはどんな問題だったのか。ちょっとお伝えしますね。


 


ひらがな


ひらがなを正しく書くのは大人が想像するより難しいことです。日々文字を使うようにして、しっかり書けるようにしましょう。

学校での勉強が大切ですね。


 


仮名遣い


「は・わ」「へ・え」「を・お」などの使い分けが難しいようです。時と場合を考えなければならないので、音から文字に直すのに精いっぱいの今の時期、

一年生の皆さんにとっては難しいと思います。逆にまったく間違えないという方は、実は普通ではなく、できている方なのかもしれません。


 


生活の中の言葉


今後学年が上がるにつれ、様々な文章に巡り合うと思います。物語、随筆、論説文・・・。


科学や社会、思想なども触れることになります。


けれどもやはり基本は人間が生きているということ。この出発点となる普段の生活を大切にして、その中の身近な物事を表す言葉をたくさん覚えていくことが、

難しい文章に取り組む土台となります。


 


話の流れ


どのような状態が、どのような結果になったら「お話になる」のか。これは物語に触れ、面白く感じた経験を積むことで身についていくものです。

様々なお話の中で共通していること、違っていること。悲しい結末、ハッピーエンド。色々な読書経験が「お話になる」とはどういうことか教えてくれるでしょう。


 


答え方


空欄にあてはまるように書いたり、文末表現を整えたりするのは慣れが必要ですね。


 


エクタスでは二学期にも一年生の『試行力・記述力診断テスト』を予定しております。一学期に受けた方も、そうでない方も、ぜひお越しください。


関連記事related posts

エクタス国語科より

『必要最低限にまとめる』

   GWも終わり、2か月もすればもう夏休みです。受験生にとっての「天王山」も目前に迫りました。光陰矢のごとし、などと言われますが、月日の経つのは本当に早いものです。    筑駒をはじめ、御三家はもち…

エクタス国語科より

知っている「つもり」で終わらせない

今年も残すところ2ヶ月となりました。 「光陰矢の如し」という言葉を最も実感しているのは受験学年の皆さんではないでしょうか。「時は金なり」ともいうように、時間の大切さは改めて説明するまでもないでしょう。残された時間は短いか…

エクタス国語科より

「メモ」の習慣をつけよう

   GWも終わり、2か月もすればもう夏休みです。受験生にとっての「天王山」も目前に迫りました。光陰矢のごとし、などと言われますが、月日の経つのは本当に早いものです。    筑駒をはじめ、御三家はもち…

新着記事latest posts

no image

2020/11/27

エクタス池袋校教室ニュースエクタス算数科

アンダーマイニング効果

アンダーマイニング効果をご存じでしょうか。 こんにちは、池袋校の荒井です。前回のブログでは「あなたを動機づける方法」について、教室での事例を交えて書かせていただきました。その中でも内発的動機づけは大きなプラス効果が確認で…

エクタス池袋校教室ニュースエクタス算数科

no image

2020/11/23

エクタス大宮校教室ニュースエクタス算数科

算数のおはなし その2

こんにちは。大宮校の宮下です。今回も前回に引き続き、算数のアプローチについて考察してみます。 例①  37㎞を11.1分で進むとき,24分で何㎞進みますか。 速さを求めると、37÷11.1×60=200より時速200㎞。…

エクタス大宮校教室ニュースエクタス算数科

no image

2020/11/19

エクタス国語科より女子学院

2020 御三家の哲学⑤

女子学院中の出題から。 何でも知識や既成概念のフィルターで世の中を見る大人と違い、子どもの世界は、いつも、驚きや発見であふれている。どんなものでも、はじめてみつける感動が大きい。だから、たとえば、音楽や絵画においても、上…

エクタス国語科より女子学院

pagetop