小1生の保護者の皆さまへ、思い切って×をつけましょう。~学習のフィードバックについて~

2022/5/19

エクタス池袋校教室ニュースエクタス渋谷教室ニュースエクタス算数科

こんにちは。エクタスの荒井です。
先日ある小1生の保護者の方から、相談がありました。

「問題を解いているときに、本人は正解か不正解にこだわり、×をつけると泣き出してしまうことがある」とのことでした。

きっと本人は一生懸命に解いたのでしょう。それに対して×をつけられたら不本意なのだろうと思います。その努力に対し私は敬意を表します。しかし、学習において×をつけられることは大変重要なことです。
なぜ間違っているのかを考えることが、新しい発見をするチャンスになるからです。
×がついた問題について、その後に直しをして、復習することは大切な学習です。復習では解き方を覚えることが目的ではありません。別記事にも書きましたが、復習により、情報を整理するなど算数の道具を身につけること、同じ間違いをしないようになること(再発防止)を目指して欲しいです。

先の相談に対しては、
「×を直すことは、実力を一歩向上させるチャンスです」
「失敗は成功のもとです」
「出来なかったことを、出来るようになることが伸びるということです」等と伝え、
笑顔で×をつけた後、励ましてみてはどうでしょうか。と回答しました。

さてここで、笑顔であることが本当に必要でしょうか。
誤ったメッセージを伝えないように工夫すればその必要はありません。
教育心理学では、フィードバックはその内容(問題の正誤など)よりも、方法(肯定的か否定的か)が大きく影響を与えるとされています。そのため大人のジェスチャーが「×という結果は悪だ」という誤ったメッセージにならないように気を配る必要があります。出来なかったこと自体が悪い訳ではなく、その×を放置してしまうことが悪いことなのです。「×という結果は悪だ」という誤ったメッセージが伝わると、最悪の場合は、×であることを隠したり、よく考えずに解答を見たりするようになってしまうことがあります。そうなると本人は課題解決から遠ざかってしまいます。
(負のスパイラルに一旦入ってしまうと、抜け出すのは大変な苦労があります。小1の今こそ肝心です。)

ところで、次のようにフィードバックは3回以上必要と思います。
1回目のフィードバックは非常に大切ですが、経験上難度が高いのは2回目のフィードバックです。2回目のフィードバックでは学習内容に深く踏み込むことが多いです。
エクタスでは本人が自分で気づき、自ら掴んでいただくようにフィードバックします。

間違い
 ↓ ←1回目の適切なフィードバック
原因の究明(直し)
 ↓ ←2回目の適切なフィードバック
復習(情報整理の方法確認・再発防止)
 ↓ ←3回目の適切なフィードバック
再復習
               

今回は主に1回目のフィードバックについて書かせていただきました。
2回目以降のフィードバックについての詳細は、別の機会に譲ります。

エクタス塾生は皆優秀です。それでもミスをすることはあります。ミスをした後にどのように対処するかが大切です。一緒に乗り越えていきましょう。

関連記事related posts

エクタス算数科

算数よもやまばなし

こんにちは。大宮校の宮下です。 今回は、『六十三減算』を紹介します。 西暦1743年に出版された【勘者御伽雙紙】は、上中下の3巻からなる算数や数学の問題とその解説を載せた本です。 (国会図書館のデジタルライブラリーで実物…

エクタス大宮校教室ニュースエクタス算数科

算数よもやまばなし

こんにちは。大宮校の宮下です。 ■2020年栄東中(東大Ⅰ)入試問題より 分数の割り算は小6教科書上の中盤に登場します。そこではこんな説明がなされています。 ÷1は変わらないからということなのですが、何かキツネにつままれ…

エクタス大宮校教室ニュースエクタス算数科知って得するマメ知識

算数よもやまばなし

小2で覚える「かけ算九九」ですが、今から1200年~1300年ほど前の奈良時代以前に「かけ算九九」が使われていた記録が残っています。特産物や地名の由来を諸国から集めた『風土記』と同時代に、様々な階級の歌を過去に遡って集め…

新着記事latest posts

no image

2022/6/30

エクタス理科より

ミツバチが池の上を飛ぶとどうなる?

先日、「ミツバチの特性についての実験が行われた」というニュースがありました。 1963年、オーストリアの昆虫学者が、「池の上を飛ぶミツバチは、池に波があるときは難なく飛行できるが、波が全くない状態のときは、うまく飛行でき…

エクタス理科より

no image

2022/6/30

お知らせ

9月開講:2022年度後期講座【申込受付中】

エクタスの2022年度前期講座の申込を受付中です。エクタスにお通いでない方も、各講座のページよりお問い合わせ・お申し込みいただけます。詳しくは、各講座のページをご確認ください。 【小4・5対象】筑駒・御三家・駒東 プレ講…

お知らせ

2022/6/30

ピックアップ

9月開講:小4・5「筑駒・御三家・駒東 プレ講座」体験受付中!

筑駒・御三家・駒東中合格を目指す小5生へ、今鍛えておきたい力を。 筑駒・御三家・駒東中合格を最終目標とした場合、6年生での実戦演習の前に、身につけて欲しい力があります。算数では未見の問題を前にして戦える『現場思考力』・『…

ピックアップ

pagetop