台風の発達のしくみとこれから

2019/10/21

エクタス理科より

先日の台風19号の上陸で各地に大きな被害が出ました。
被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

今回巨大な台風になったのはなぜでしょうか。
台風の発達について考えてみましょう。

海水温が26.5℃以上になると、海面からの蒸発が盛んになり、上昇気流ができます。
上昇した水蒸気は、上空で冷やされて水になり、このときに周りに多くの熱を放出するのです。

台所で水を沸騰させるときをイメージしてみてください。
「 水 + 熱 → 水蒸気 」といった変化が起きています。
ところが、前述の上空では、逆のことが起きますから、
「 水蒸気 → 水 + 熱 」となり、周りに熱を放出するのです。

周りに多くの熱を放出するとさらに蒸発が盛んに起き、これが繰り返されていくと中心の気圧がどんどん下がります。
この現象を私たちは「台風が発達する」と表現しています。

台風19号の接近時は、日本近海の太平洋の水温が平年より高く約27℃だったので、台風が力を弱めるどころか、発達しながら日本に上陸してしまいました。

台風をこの世から無くしてしまえばよいと考える方もいるかもしれません。
ではもし本当に台風を発生させなくすると、どのようなことが起こるでしょうか?

今回はそのうちの1つだけ紹介します。

台風はいってみれば熱のかたまりですが、例えば北半球では赤道付近から北(極地)へ、熱を移動させる役割を担っています。
ですから、台風がこの世からなくなると、赤道付近の温度が今までよりも高温になり、また、極地の温度が低温になります。
ということは、人が生活できる温度の陸地が減ってしまうということで、これは大変なことですね。

台風の発達の原理から考えてみれば、海水温の上昇を抑えれば勢力の強い台風は発生しにくいということになります。
海水温の上昇は、地球温暖化の1つの結果ですので、二酸化炭素を出さない電気自動車を利用したり、私たちは工夫次第で地球を守ることができます。
これ以外にも何ができるかを考えて、将来のために行動したいものです。

関連記事related posts

エクタス理科より

武蔵中の理科の入試問題より

秋も深まり肌寒くなってきましたね。受験生のみなさん、秋は天気が変わりやすい季節です。気候の変化に気をつけて受験勉強に励んで下さい。 2016年の武蔵中の大問1では、クモがクモの巣をつくる様子を文章から読み取り、作図する問…

エクタス理科より

皆さんはネズミの笑わせ方を知っていますか?

  そもそもネズミが笑うことを知っていましたか?1999年にネズミもくすぐると笑う、という研究結果が発表されました。そのころは人間に近い霊長類のサルがはたして笑うのだろうか、と多くの研究者が議論をしていた時期で…

エクタス理科より

武装して戦うプランクトン

   少し前にプランクトンのミクロな戦いを高解像度カメラがとらえた,というニュースがありました。皆さんは,プランクトンと呼ばれる小さな生物のことを知っていますか?小5より上の学年の人達ならわかると思いますが,水…

新着記事latest posts

no image

2021/10/18

エクタス算数科

「2022問題」対策について

毎年、西暦の数字にまつわる問題はよく出題されます。来年は2022年ですから、2022にまつわる問題が出題されることは予想できます。これを「2022問題」と呼ぶことにします。この対策として次の問題を考えてみましょう。 【問…

エクタス算数科

no image

2021/10/13

エクタス国語科より

筑駒・男女御三家・駒東合格へのあと100日の国語学習法

10月24日で、2月1日まであと100日となります。これは毎年共通の残り日数、残り時間です。受験生は大体週に最低4日は塾の授業に参加していると思うので、100に7分の4を掛けて100から引くと、塾の授業がない日が出ます。…

エクタス国語科より

no image

2021/10/13

エクタス理科より

ノーベル物理学賞を日本出身者が受賞

暑さが一段落して少しずつ涼しくなってきていますね。受験生のみなさん、気温の変化に気をつけて勉強に励んで下さい。 さて、先日2021年のノーベル賞受賞者が発表され、日本出身の眞鍋淑郎氏がノーベル物理学賞を受賞しました。受賞…

エクタス理科より

pagetop