頑丈な昆虫の秘密

2020/11/18

エクタス理科より

「コブゴミムシダマシ」という昆虫が話題になっています。アメリカに生息している3cmほどの小さな昆虫で、カリフォルニア大学や東京農工大学などの研究者が集まって合同で研究し、つい最近、この昆虫の秘密の一部が解明されたからです。
この「コブゴミムシダマシ」は、カブトムシやテントウムシなどと同じ甲虫のなかまになります。甲虫は、皆さんも理科の授業で学習するので、よく知っていることと思いますが、甲虫の一番の特徴は前羽2枚がかたくなっていて、空を飛ぶためではなく、からだを守るための羽になっていることですね。そして、その前羽のおかげで甲虫のなかまは鎧をまとっているような強さを持つことになります。ところが、話題の「コブゴミムシダマシ」は、そのかたさ?丈夫さ?が普通ではありません。驚くことに車にひかれてもつぶれない、というとてつもない強度を持っているのです。
「コブゴミムシダマシ」は飛ぶことができません。つまり敵に襲われたときに飛んで逃げることはできないかわりに、からだを守ることに特化して生存してきたと考えられます。敵に押しつぶされたり、かみくだかれたりしそうになっても、その強度によって耐えることができるわけです。そして、その強さの秘密が今回の研究で分かってきました。
研究チームが外骨格を詳細に調べたところ、タンパク質などからできている繊維の束が何層にも重なっていることが分かりました。そして、その束は加わった力を少しずつ分散して、からだが一気につぶれてしまうのを防いでいたのです。さらに背中の中央部分にも秘密があったそうです。外骨格の接合部分がパズルのピースのようになっていて、しっかりとかみ合っているのですが、それが2対あったそうです。他の甲虫は1対であることを考えると、この構造にも秘密がありそうです。
実際に研究チームは、この構造をまねして材質が違う材料を接合する実験をしたところ、現在利用されている接合材よりも優れた結果が出たそうです。さらに研究が進めば、いままで以上に優れた材料が開発されることになるでしょう。このように生物のからだの構造やしくみを研究し、応用することで技術を飛躍的に進歩させることができるわけです。特に昆虫のからだには、まだ発見されていないすごい秘密がたくさん隠されています。そう考えると皆さんも昆虫の勉強に興味がわくのでないでしょうか。
このように昆虫の研究はとても興味深いものが多いのですが、きっと昆虫を研究する研究者たちはもともと昆虫が好きだったのでしょう。好きな昆虫のことをもっと知りたくて勉強をしているうちに、昆虫の研究者になったのだと思います。そして新しい発見をする。好きなことを追求していくことで新しい発見をする、とてもすばらしいことですね。
さて、昆虫の研究者に限りませんが、多くの研究者や学校の理科の先生たちは、自分の好きなことをもっと知りたくて、さまざまなことを追求していく中で、自然と科学の道へと進んだのでしょう。開成中や麻布中など多くの難関校の入試問題を見てみると、普通の入試問題だけではなく、その問題を解いている受験生が、新しく何かを知り興味を持てるように、と考えて作成された問題がたくさんあります。きっと皆さんに何か科学的なことに興味を持ってもらいたいと願っているのでしょう。そして、それをきっかけにして科学への道の第一歩を踏み出して欲しい、ということです。
科学に関することでなくてもよいのですが、皆さんも何か好きなものを追求していくのはどうでしょうか?続けていけば、きっとただ楽しいだけではなく、何か新しい発見につながるかもしれません。好きなことを極めることは、将来、皆さんが自分の進路を決めるときの大きな指針になると思うのです。

関連記事related posts

エクタス理科より

「天才」カラス現る

  「天才」カラスのニュースが流れていましたが,皆さんはご覧になりましたか? 横浜の公園の水飲み場で,カラスが水道の蛇口をひねって水を飲んでいる姿がニュースで流れていました。もちろん羽や足で蛇口を開くことはでき…

エクタス理科より

カニとはどんな生き物ですか?

  カニとはどんな生き物ですか? そう問われれば皆さんはすぐに丸みのある体に細長い足が10本あるおなじみの姿を思い浮かべることでしょう。そんな皆さんの常識が大きく揺さぶられるかもしれないすごい発見がありました。…

エクタス理科より

雙葉中の理科の入試問題より

  日に日に暑くなり、たくさんの植物や昆虫が見られる時期になりましたね。夏の天王山を前に、受験生のみなさんは日々学習に励んでいることでしょう。    本年雙葉中で根粒菌に関する問題が出題されました。根…

新着記事latest posts

no image

2021/10/18

エクタス算数科

「2022問題」対策について

毎年、西暦の数字にまつわる問題はよく出題されます。来年は2022年ですから、2022にまつわる問題が出題されることは予想できます。これを「2022問題」と呼ぶことにします。この対策として次の問題を考えてみましょう。 【問…

エクタス算数科

no image

2021/10/13

エクタス国語科より

筑駒・男女御三家・駒東合格へのあと100日の国語学習法

10月24日で、2月1日まであと100日となります。これは毎年共通の残り日数、残り時間です。受験生は大体週に最低4日は塾の授業に参加していると思うので、100に7分の4を掛けて100から引くと、塾の授業がない日が出ます。…

エクタス国語科より

no image

2021/10/13

エクタス理科より

ノーベル物理学賞を日本出身者が受賞

暑さが一段落して少しずつ涼しくなってきていますね。受験生のみなさん、気温の変化に気をつけて勉強に励んで下さい。 さて、先日2021年のノーベル賞受賞者が発表され、日本出身の眞鍋淑郎氏がノーベル物理学賞を受賞しました。受賞…

エクタス理科より

pagetop