国境を越える河川

2019/11/11

エクタス社会

中学入試に向けた地理の学習では、山脈や平野、湖、河川などの名前を覚える機会が多くありますね。生徒の皆さんも、地図帳を開いて場所を確認したり、間違えそうな漢字を繰り返し練習したり、白地図に自分で書き込んでみたりと、さまざまな方法を駆使して学習に励んでいることだと思います。
今回はその中で河川に関するお話しをしようと思います。

日本は国土が狭く山がちであるため、河川には「長さが短く,流れが急である」という特徴があることを知っていると思います。確かに日本の河川は世界の河川と比べると短く、中には支流もふくめて1つの都道府県の中におさまる河川もあります。

しかし、中学入試でよく取り上げられるような大きな河川は、複数の都道府県にまたがって流れていたり、流れている場所によって名前が異なっていることがあるので注意が必要です。例えば、日本で一番長い河川である信濃川は長野県から新潟県にかけて流れていますが、新潟県内では「信濃川」、長野県内では「千曲川」と呼ばれ方が変わります。また、滋賀県・京都府・大阪府を流れる淀川は、上流から順に「瀬田川」「宇治川」「淀川」と2回も名前が変わっています。

ですから、「○○川は、△△県にある」「○○川の河口は、××県にある」といった覚えかたで済ませるのではなく、流れている場所や名前を丁寧に確認することが大切だと言えるでしょう。

さて、皆さんは世界の河川についてはどのくらい知っているでしょうか。

日本の河川ほど多く出題されることはありませんが、少なくとも「世界の長い川1位~3位」くらいはおさえておくことをおすすめします。また、できれば統計資料などで長さを確認し、日本の河川とは比べ物にならないほど長い河川が多いことを知っておいてください。

こうした世界の大型河川の中には、複数の国をまたいで流れている河川が数多くあります。例えば長さが世界一のナイル川は、支流を含めると10か国以上を流れていますし、ヨハン・シュトラウス2世作曲のワルツ「美しく青きドナウ」で知られるドナウ川も、ヨーロッパの10か国をまたいで流れます。これらの河川は勾配が緩やかで、内陸部と沿岸部を結ぶ重要な交通路になっているため、沿岸の国以外の船舶の通行が認められた「国際河川」に指定されています。

また河川の名前は、言語や地域によって違う呼ばれ方をされるだけではなく、時代によって呼ばれ方が変わることもあります。チェコ出身の作曲家、スメタナは交響詩「わが祖国」の中で、エルベ川の支流の1つであるヴルタヴァ川を描いた「ヴルタヴァ」という曲を作っていますが、日本ではこの曲は「モルダウ」として知られています。これは、この曲が発表された当時、チェコがオーストリア=ハンガリー帝国の支配下にあり、公用語がドイツ語であったことや、1939年から1945年にかけてチェコにドイツが進駐していたことなどにより、ドイツ語読みの「モルダウ」として広まったのが原因だそうです。現在の地図帳を見ると「ヴルタヴァ」と「モルダウ」の併記もしくは「ヴルタヴァ」のみで表記されることがほとんどですが、こうしたところから、河川やその地域がたどった歴史が垣間見えてきますね。

関連記事related posts

エクタス社会

河川の長さはどう決める?

社会科の学習をしていると、日本で最も長い川、二番目に長い川、九州地方で最も長い川…といった具合に、全国の河川の長さについて目にすることがよくあります。川の長さを一言でいえば、「河口から水源地までの長さ」です。しかし、例え…

エクタス社会

夏の到来と「虫干し」

6月になりました。今年は新型コロナウイルスの流行と、それに伴う外出自粛が長く続いたので、時間の流れ方が例年とは違うように思います。それでも、「明日の最高気温は26度、全国的に夏日になる見込み」などという天気予報を目にする…

エクタス社会

常識を疑う

「履歴書」というものを見たことはありますか?簡単に言うと「自分がどういう人間が知ってもらうための書類」です。小学生の皆さんにはなじみがないものですが、仕事を探したり、勤めたい企業に対して就職を申し込んだりする(「就職活動…

新着記事latest posts

no image

2021/12/1

エクタス理科より武蔵中

武蔵中の理科の入試問題より

寒さが少しずつ厳しくなってきましたね。受験生のみなさん、2022年2月1日まであと2ヶ月となります。ラストスパートの準備をしている時期かと思います。 さて、今年(2021年)の武蔵中の大問2では、日本の川で見られるカモの…

エクタス理科より武蔵中

no image

2021/11/24

エクタス国語科より女子学院

2021年女子学院中 国語の入試問題を紹介します。

試験時間40分 満点100点随筆文1題8問 説明文1題8問 大問1 随筆文 出典は梯(かけはし)久美子『好きになった人』所収「風船スケーターの不条理」から。筆者がたまたまテレビをつけたら、フィギュアスケートの大会の様子が…

エクタス国語科より女子学院

2021/11/24

お知らせピックアップ

新小1プレスクール 2022年2月開講

エクタスの小1生向け指導 筑駒・御三家・駒東中の入試を熟知したエクタス講師陣が、実際の入試問題分析をふまえて「低学年の今しかできないこと」「低学年の今だからこそできること」に焦点を当てた指導を行います。筑駒・御三家・駒東…

お知らせピックアップ

pagetop