常識を疑う

2021/5/6

エクタス社会

「履歴書」というものを見たことはありますか?簡単に言うと「自分がどういう人間が知ってもらうための書類」です。小学生の皆さんにはなじみがないものですが、仕事を探したり、勤めたい企業に対して就職を申し込んだりする(「就職活動」といいます)ときなどに用いられるもので、氏名や住所、性別だけでなく、どこの学校に通ったか、どんな特技や資格を持っているかなどを記すことができます。文房具店やコンビニなどでも販売しているので、見かけたことがあるかもしれませんね。

4月16日、この履歴書に関して大きな動きがありました。これまでは履歴書のほとんどに「『男・女』のどちらかを選ぶ欄」があったのですが、この選択肢がない形の履歴書の様式例(見本)を厚生労働省が示したのです。これまで通り性別を記すこともできますし、書きたくない場合は書かなくても良いことになります。「男・女」のどちらかを選んで○をつけたり、「男・女」を分けたりすることは、私たちの生活のさまざまな場面で見られるものですが、なぜ今回このような決定がされたのでしょうか。

1つは、企業側の採用活動において、性別が判断に用いられるケースが後を絶たないことが挙げられます。もう1つは、心の性別と体の性別が一致しない「トランスジェンダー」の人にとって、「男・女」のどちらかを選ばなくてはならないということが大きな苦痛になったり、自分が望まない形でトランスジェンダーであることを伝えなくてはいけなくなるといった問題が起こっているからです。こうした問題に対する働きかけの結果、昨年7月には日本規格協会が「性別欄のある履歴書の様式例」自体を削除していますが、今回は国(厚生労働省)が「性別を選ぶ欄のない履歴書の様式例」を作成したことで、さらに一歩前進したと言えるでしょう。また、性別だけでなく、顔写真の貼付や年齢の記載なども削除する動きが進められています。採用担当者がこうした情報によって無意識のうちに先入観を持ってしまうことを防ぎ、誰もが安心して就職活動に臨めるようになれば、多様性を認める社会により近づくことができるでしょう。

さらにこのことは、「そもそも、就職や採用・企業での勤務において、性別や容姿、年齢を明らかにする必要があったのだろうか?」と、これまで「当たり前」「常識」とされてきたことを見直すきっかけとなりました。それと同時に、私含め多くの人が「常識」に対して疑いを持たずに過ごしてきたことへの気づきとなったでしょう。社会科の学習を進めていくと、これまでにも多くの「常識」が覆されてきたことが学べると思います。今見えているもの、知っているものを不変のものととらえない、そんな柔軟さは今後ますます必要になるのかもしれません。

こうした「常識の見直し」が入試問題に取り上げられた例を1つ紹介しましょう。「かつて絵の具やクレヨンにあった色の表記で、2000年ごろから『うすだいだい色』『ペールオレンジ』といった名前に変更が進んでいる色の名前」と、「変更された理由」を問う、2021年聖光学院の問題です。すぐに思いつかない場合は「わざわざ変更するべき(変更しなくてはならない)理由になりうるものは?」「お父さんやお母さんの時代とは呼び方が変わったものがあるか?それはどんな理由だったか?」という方向で考えてみましょう。そうすれば、かつての「看護婦」が「看護師」という呼び方に変わったように、「肌色」を「肌色」と呼ばなくなった理由も見えてくると思います。ぜひ考えてみてください。

関連記事related posts

エクタス社会

流行語から社会を読む

2021年も残りひと月半となりました。みなさんにとって2021年はどのような年だったでしょうか。さて、みなさんは「新語・流行語大賞」を知っていますか?その年に流行したり新しく作られたりするなどした「その年の象徴的な言葉」…

エクタスたまプラーザ教室ニュースエクタス成城学園校教室ニュースエクタス社会

夏期講習を前に

今年も暑い夏がやってきましたね。気象庁が「猛暑日」という言葉を使用し始めたのは2007年のことですが、今やすっかり日常に定着した言葉となっています。この暑さをしのぐにはもはや冷房は必要不可欠ですが、一方で電力供給のひっ迫…

エクタス社会

入試問題に見える「変わらない願い」

2022年度入試も無事に終わりました。2月からは学年が切り替わり、塾生の皆さんも新しい学習に取り組んでいることと思います。さて、社会科の入試問題はいわゆる地理・歴史・公民の3分野に分けるのが一般的ですが、その応用として世…

新着記事latest posts

2022/7/28

お知らせピックアップ

【小1~3】10月 試行(思考)力・記述力 診断テスト 申込受付中

低学年の現段階で求められる力を診断 筑駒・御三家・駒東中を目指す上で必要となる、与えられた未知の課題を試行錯誤して正解を導き出す「試行力」、考えた答えを書き言葉で表現するための「記述力」。最難関中学受験専門塾だから可能な…

お知らせピックアップ

no image

2022/7/18

エクタスたまプラーザ教室ニュースエクタス成城学園校教室ニュースエクタス社会

夏期講習を前に

今年も暑い夏がやってきましたね。気象庁が「猛暑日」という言葉を使用し始めたのは2007年のことですが、今やすっかり日常に定着した言葉となっています。この暑さをしのぐにはもはや冷房は必要不可欠ですが、一方で電力供給のひっ迫…

エクタスたまプラーザ教室ニュースエクタス成城学園校教室ニュースエクタス社会

no image

2022/7/14

エクタス国語科より

マーキング

中学受験を目指す小学生なら、今まで何問も国語の文章問題を解いてきたと思います。テキストの問題、テスト等、何問も文章を読み、答えてきたことでしょう。小学校でのテスト(いわゆる「カラーテスト」)レベルなら、受験生の皆さんなら…

エクタス国語科より

pagetop