社会科のおすすめ本 その1

2020/7/6

エクタス社会

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、皆さんの今年の夏休みは例年よりも短くなってしまいました。そうなると、学校の授業が続く中で塾の夏期講習もあって、「本なんて読むヒマがない!」という声が聞こえてきそうです。でも、そういうときには息抜きとしての読書がおすすめです。この先どうなるのかと展開が気になり、ついつい熱中してしまう小説も楽しいものですが、エクタス社会科からは「少しずつでも読めてちょっとした休憩や気分転換にぴったり」な本をご紹介します。

尾形希莉子・長谷川直子著「地理女子が教える ご当地グルメの地理学」(ベレ出版)

2018年に発刊された本で、筆者はその当時お茶の水女子大学に在籍し、教育学部で地理学を専攻していた学生です。
47の都道府県ごとにその土地ならではのいわゆる「ご当地グルメ」を紹介し、なぜそこでその食べ物が生まれたのか?なぜその食材を使っているのか?などを解き明かしていきます。

かんぴょう(栃木)、さくらんぼ(山形)、しょうゆ(千葉)といった小学生でも知っているものから、讃岐うどん(香川)、崎陽軒のシウマイ(神奈川)、味噌煮込みうどん(愛知)などの名物料理も出てきます。
各県ごとに数ページの読み物になっていて、写真や地図もふんだんに使われているので、少しずつ読み進めることもできますし、パラっと開いたところだけ読むというのも良いかもしれません。

日本は、世界の中で見ればそれほど大きくない国ですが、南北に細長く、周りを海に囲まれていて、さらに険しい山々もあり、地形や気候の特色はさまざまです。また、山間に住む人々もいれば、島に暮らす人々もいて、今のように便利ではない時代だからこそ知恵のつまった食べ物が生まれました。この本は、そんな各地の風土や人びとの暮らしと食べ物の結びつきについて「なるほど」と思わせてくれます。

「地理学」とありますがけっして難しい文章ではなく、むしろ小中学生にちょうど良い文章だと思います。中には、砂たまご・こづゆ・地獄蒸しプリンといったあまり皆さんにはなじみのない食べ物も出てきます(東京都は「深大寺そば」が取り上げられていますが、今では知らない人も多いと思います)。

山や川の名前を覚えたり、農産物の生産順位を暗記したりする勉強だけではつまらないですから、たまには読書を通して社会科の勉強をしてみると良いのではないでしょうか。旅行に行くのも当分おあずけなので、旅に出る気分で読むのもおすすめです。

関連記事related posts

エクタス社会

塗りつぶしても隠せないもの

今年8月、オランダ人画家ヨハネス・フェルメールの作品「窓辺で手紙を読む女」の修復作業が完了したという報道がありました。絵画というのは経年劣化による絵具の剥落や、光による退色がどうしてもおこってしまうものなので、定期的なメ…

エクタス社会

常識を疑う

「履歴書」というものを見たことはありますか?簡単に言うと「自分がどういう人間が知ってもらうための書類」です。小学生の皆さんにはなじみがないものですが、仕事を探したり、勤めたい企業に対して就職を申し込んだりする(「就職活動…

エクタス社会

流行語から社会を読む

2021年も残りひと月半となりました。みなさんにとって2021年はどのような年だったでしょうか。さて、みなさんは「新語・流行語大賞」を知っていますか?その年に流行したり新しく作られたりするなどした「その年の象徴的な言葉」…

新着記事latest posts

no image

2021/12/1

エクタス理科より武蔵中

武蔵中の理科の入試問題より

寒さが少しずつ厳しくなってきましたね。受験生のみなさん、2022年2月1日まであと2ヶ月となります。ラストスパートの準備をしている時期かと思います。 さて、今年(2021年)の武蔵中の大問2では、日本の川で見られるカモの…

エクタス理科より武蔵中

no image

2021/11/24

エクタス国語科より女子学院

2021年女子学院中 国語の入試問題を紹介します。

試験時間40分 満点100点随筆文1題8問 説明文1題8問 大問1 随筆文 出典は梯(かけはし)久美子『好きになった人』所収「風船スケーターの不条理」から。筆者がたまたまテレビをつけたら、フィギュアスケートの大会の様子が…

エクタス国語科より女子学院

2021/11/24

お知らせピックアップ

新小1プレスクール 2022年2月開講

エクタスの小1生向け指導 筑駒・御三家・駒東中の入試を熟知したエクタス講師陣が、実際の入試問題分析をふまえて「低学年の今しかできないこと」「低学年の今だからこそできること」に焦点を当てた指導を行います。筑駒・御三家・駒東…

お知らせピックアップ

pagetop