【続・算数のテストの受け方】

2022/9/22

エクタス算数科桜蔭中筑駒

夏休み前のブログではテストの受け方について取り上げました。秋も本番になると模擬試験を受験する機会も増えてきますので、引き続き算数のテストの受け方について書いてみます。
前回のブログでは「悪い点を取らない」ことについて書きました。今回は時間配分と問題の解く順番について取り上げてみます。
入試風景の動画などでは、試験開始の合図と同時に勢いよく鉛筆を動かして問題を解く場面が流されたりしますが、ちょっとおかしいと感じる部分です。テストでは最初にすべきことがあるからです。
それは、ざっと問題を全部見ることです(ちなみに過去問をやり込むことでその学校の大体の構成は頭に入るので、わかった上でひとまず大問1に手を出すことはOKです)。そして、問題は遠慮無く飛ばすことが重要です。勘違いして欲しくないのは、飛ばすことは捨てることとは異なり、後でまた取り組む可能性があることです。
問題を読んだときの感想・印象で算数の問題をいくつかに分けてみましょう。
A:すぐにできそうだ。
B:できそうだけど時間がかかりそうだ。
C:できるかできないかやってみないとよくわからない。
D:これは無理だ。意味がわからない。
皆さんはどの問題を飛ばしますか?? 実際に授業等で観察していると、ABCは取り組み、Dを飛ばすケースが多く見られますが、これはイマイチです。
BCDを飛ばす、もっと言えばDはこのテストでは触らない、が正解です。
飛ばす…というと負けを認めるように感じるのか、まずはやってみないと…という意見がありますが、今やらず後にやろう!と言うだけのことです。
例えば、桜蔭の最初の計算問題などはBになることが多いです。面倒でもやれば確実にできる問題なので、ここから逃げているようでは問題外ですが、必ずしも最初にやる必要もないのです。
また、筑駒の入試問題は大問4つで40分です。正直1問10分では時間は足りないことが多い問題が並びます。それでも(1)や(2)は比較的取り組みやすいので、まずは大問を選びながらそこまでを取り組み(20分くらいでしょうか)、(3)に行けそうなものを改めて2つほどを目安に解いて行く…という感じになります。これで合格点に届くのですが、もちろんミスがあれば合格の可能性が下がります。そのため1問でも多く解こう…というのは誤りだと前回の記事で書いています。ミスをしたら合格の可能性が下がるのは当たり前で、そこは受け止めて別途ミスを減らす対策をしなくてはならないのです。
筑駒は40分という時間制限の厳しさもあって比較的このような取り組みが認知されているようですが、例えば試験時間が60分の開成でも考え方は変わりません。その年の問題の中で一番難しい問題は最初から捨てるつもりで行くと、落ち着いて時間を使うことができるはずです。そのためにも、普段の練習では途中でタイマーを確認しながら、例えば60分を40+20のように分割して役割を区別して取り組むこともお勧めです。入試当日だけ実行することはできませんので、日頃の練習から意識して、考えて、行動して欲しいです。
次回はミスを減らす方法について書いてみます。がんばれ受験生!

関連記事related posts

お知らせ筑駒

筑駒実力確認テスト(新小6生)

筑駒めざす小6生を対象に、エクタス「筑駒実力確認テスト」を実施します。筑駒入試の出題傾向をもとに問題作成していますので、現段階での実力や今後の課題が明確にわかります。結果は即日採点し、返却します。 教科 算数・国語・理科…

お知らせ筑駒

【小6】7月 筑駒実力確認テスト 申込受付中

筑駒めざす小6生を対象に、エクタス「筑駒実力確認テスト」を実施します。筑駒入試の出題傾向をもとに問題作成していますので、現段階での実力や今後の課題が明確にわかります。結果は即日採点し、返却します。 教科 算数・国語・理科…

エクタス理科より筑駒

筑駒中の理科の入試問題より

本格的に暑くなってきましたね。受験生のみなさん、健康管理に気を付けて受験勉強に励んで下さい。 今回のブログは入試問題に関する内容です。筑駒中の理科では、ここ10年間分野としては、生物、生物、化学、化学、地学、物理、物理(…

新着記事latest posts

no image

2022/12/8

エクタス社会

受験生自身で気をつけること

2022年も残りわずかとなりました。大きな模試もほぼ終わり、受験の予定も決まってきたころと思います。これまでの努力が実るように、残された時間を有効に使っていきたいですね。さて、この時期になると、インターネットや情報誌でよ…

エクタス社会

no image

2022/12/1

エクタス国語科より

「敬語」の使い分け

皆さんは、日頃から国語の授業で様々な言葉の知識を勉強してきています。「文法」と言われる言葉のきまりや、慣用句・ことわざ、さらに品詞の識別等々。そうした知識の中で、「敬語」は、大人でも使い方を誤ることがあるほど実は難しいも…

エクタス国語科より

no image

2022/11/30

エクタス池袋校教室ニュースエクタス渋谷教室ニュースエクタス算数科

小1クラスで3進数の学習⁉

こんにちは、エクタスの荒井です。 数年前のことですが、東京大学などで教鞭をとっている友人に次のように聞かれたことがあります。友人「荒井君は、小1生にフィボナッチ数列を教えているのだって?」荒井「教えているのではなくて、発…

エクタス池袋校教室ニュースエクタス渋谷教室ニュースエクタス算数科

pagetop