【2021という数】

2021/7/21

エクタス算数科

その年の数などは算数の入試問題に用いられることがよくありますが、本年度は2021年度ということで、2021=43×47という特徴的な素因数分解にちなんだ問題が多く見られました。

その中で面白かった問題を少し取り上げてみましょう。
攻玉社中では、算数だけの特別選抜入試が行われていますが、その中ではこの2021にちなんだ出題ばかりが並ぶとてもユニークな試みも見られました。
その中の1問を紹介します。
【問題】
41×42×43×44×45×45×46×47×48×49=20□□×20□□×2021×20□□×20□□
※20□□…はそれぞれ異なる4けたの数を表し、□□はその下2けたの数を表します。

この問題は、43×47=2021という結果だけではなく、45×45=2025という平方数と、互いの関連性を結びつけて考える非常に興味深い問題です。

もう一つは栄光学園中の出題です。43や47がともに素数であることに注目し、2021=43×47のような2つの異なる素数の積で表すことのできる数を「素積数」と名付け、関連事項を出題しています。その中の1題です。
【問題】
33・34・35は3つの連続する素積数ですが、4つの連続する数が素積数になることは決してありません。そのことを説明しなさい。

連続する数の積について考えたことがあれば比較的簡単に着眼点が見えると思いますが、ただ解き方を理解する学習をしていた場合はどうしたら良いか戸惑う問題だと思います。文章での説明…という見かけ以上に内容が重要な問題です。

いつもいつものことですが、日頃から数に親しみ、疑問を持って接することを忘れないようにしてください。今回の問題の解答は記載しませんので、気になったら先生に質問してみると良いでしょう。ただし、一度自分の考えを持ってからにしましょうね!

関連記事related posts

エクタス大宮校教室ニュースエクタス算数科知って得するマメ知識

続・続・続・続・続・続・続・続・続・算数よもやまばなし

「国字」を聞いたことがありますが。 漢字はもともと中国でつくられた文字ですが、日本で独自に作られた文字があります。 これが「国字」で、魚のイワシの「鰯」やタラの「鱈」やはたらくの「働く」、とうげの「峠」、わく「枠」などが…

エクタス算数科

【2022という数】

以前に2021という数が入試問題にどのように用いられていたかは記事にしました。今回は2022という数から考えられる問題を予測してみましょう。 2022=2×3×337と素因数分解されることにちなんだ問題も考えられますが,…

エクタス算数科

なぞなぞ

頭のやわらかさと問題文の精密な読解力が試される問題です。 「りんごが5個,1つのかごの中に入っています。このりんごを5人の子どもが1人1つずつもらいました。今5人はそれぞれりんごを1つずつ持っています。ところがまだカゴの…

新着記事latest posts

2022/7/28

お知らせピックアップ

【小1~3】10月 試行(思考)力・記述力 診断テスト 申込受付中

低学年の現段階で求められる力を診断 筑駒・御三家・駒東中を目指す上で必要となる、与えられた未知の課題を試行錯誤して正解を導き出す「試行力」、考えた答えを書き言葉で表現するための「記述力」。最難関中学受験専門塾だから可能な…

お知らせピックアップ

no image

2022/7/18

エクタスたまプラーザ教室ニュースエクタス成城学園校教室ニュースエクタス社会

夏期講習を前に

今年も暑い夏がやってきましたね。気象庁が「猛暑日」という言葉を使用し始めたのは2007年のことですが、今やすっかり日常に定着した言葉となっています。この暑さをしのぐにはもはや冷房は必要不可欠ですが、一方で電力供給のひっ迫…

エクタスたまプラーザ教室ニュースエクタス成城学園校教室ニュースエクタス社会

no image

2022/7/14

エクタス国語科より

マーキング

中学受験を目指す小学生なら、今まで何問も国語の文章問題を解いてきたと思います。テキストの問題、テスト等、何問も文章を読み、答えてきたことでしょう。小学校でのテスト(いわゆる「カラーテスト」)レベルなら、受験生の皆さんなら…

エクタス国語科より

pagetop