さくし

2020/7/2

エクタス算数科

さて、『さくし』と聞いてどんな言葉を思い浮かべますか?
パソコンなどで入力・変換すれば、大抵は『作詞(作詩)』が出てくることでしょう。『策士』をすぐに思い浮かべた人はなかなかにマニアックだと思いますし、『佐久市』なら結構なマイノリティでしょうか。別にそれがいけない、ということでは全くないのですが、今回ここで取り上げる『さくし』は『錯視』のことです。
一般的には『目の錯覚』という使われ方をすることが多い内容です。インターネットで検索するとたくさんのネタがありますので、興味があれば是非見てみてください。


次のような立方体の見取り図があります。

そもそもノートは2次元で立方体は3次元ですので、このままではノートを用いて立方体を表すことはできません。ですので、我々がその図を見たときに立方体をイメージすることができる図を書いているわけです。当然のように立方体があると思っていますが、実際そこに書かれているのは正方形と平行四辺形の集まりです。
あのような見取り図を皆さんも書いた経験があると思いますが、本来であれば、図において見えない線は点線で表すべきです。大した差ではないと考えるかもしれませんが、いえいえ結構な問題なのです。上の図をもう一度よく見てください。立方体は立方体ですが、2種類の見え方をしてしまうことに気づけますでしょうか。
…見えない人向けにヒントを出します。ひとつの見え方は普通に立方体を上から見た図です。もうひとつの見え方は立方体を下からのぞき込んだような図です。どうでしょうか。いけましたか??
実はこの図は、『ネッカーの立方体』という有名な錯視を扱った図です。
見えないことで結果として余計なトラブルに巻き込まれずにすんだという考え方もできますが、やはり見えるようにはなっておきたいですね。何事にも共通しますが、客観的に物事を捉える力は成長には不可欠です。是非楽しみながら意識して訓練をしてみましょう。

関連記事related posts

エクタス算数科

小3以上向け・場合の数の問題

 小3以上向けの,場合の数の問題を一問あげます。解き方をどう組み立てていくかという事に加えて,文章で提示されている事態をきっちりととらえられるかが問われる問題です。難易度自体はあまり高くありません。よろしければ…

エクタス算数科

真実はいつも1つ?

 みなさんは、『おばけ煙突』を知っていますか?  かつて東京都足立区にあった、火力発電所(千住火力発電所)の煙突のことで、近隣の住民からそう呼ばれていました。ちょっと昔の話になりますので、おじいさんやおばあさん世代だとご…

エクタス算数科

パズル問題の解答:後編

  A=15の場合,図3のようになります。D,E,Iに入る数字を考えます。D+E=38-(14+4)=20,E+I=38-10=28となります。この条件を満たす数の組み合わせは,すでに書かれている数と重複するも…

新着記事latest posts

2022/7/28

お知らせピックアップ

【小1~3】10月 試行(思考)力・記述力 診断テスト 申込受付中

低学年の現段階で求められる力を診断 筑駒・御三家・駒東中を目指す上で必要となる、与えられた未知の課題を試行錯誤して正解を導き出す「試行力」、考えた答えを書き言葉で表現するための「記述力」。最難関中学受験専門塾だから可能な…

お知らせピックアップ

no image

2022/7/18

エクタスたまプラーザ教室ニュースエクタス成城学園校教室ニュースエクタス社会

夏期講習を前に

今年も暑い夏がやってきましたね。気象庁が「猛暑日」という言葉を使用し始めたのは2007年のことですが、今やすっかり日常に定着した言葉となっています。この暑さをしのぐにはもはや冷房は必要不可欠ですが、一方で電力供給のひっ迫…

エクタスたまプラーザ教室ニュースエクタス成城学園校教室ニュースエクタス社会

no image

2022/7/14

エクタス国語科より

マーキング

中学受験を目指す小学生なら、今まで何問も国語の文章問題を解いてきたと思います。テキストの問題、テスト等、何問も文章を読み、答えてきたことでしょう。小学校でのテスト(いわゆる「カラーテスト」)レベルなら、受験生の皆さんなら…

エクタス国語科より

pagetop