さくし

2020/7/2

エクタス算数科

さて、『さくし』と聞いてどんな言葉を思い浮かべますか?
パソコンなどで入力・変換すれば、大抵は『作詞(作詩)』が出てくることでしょう。『策士』をすぐに思い浮かべた人はなかなかにマニアックだと思いますし、『佐久市』なら結構なマイノリティでしょうか。別にそれがいけない、ということでは全くないのですが、今回ここで取り上げる『さくし』は『錯視』のことです。
一般的には『目の錯覚』という使われ方をすることが多い内容です。インターネットで検索するとたくさんのネタがありますので、興味があれば是非見てみてください。


次のような立方体の見取り図があります。

そもそもノートは2次元で立方体は3次元ですので、このままではノートを用いて立方体を表すことはできません。ですので、我々がその図を見たときに立方体をイメージすることができる図を書いているわけです。当然のように立方体があると思っていますが、実際そこに書かれているのは正方形と平行四辺形の集まりです。
あのような見取り図を皆さんも書いた経験があると思いますが、本来であれば、図において見えない線は点線で表すべきです。大した差ではないと考えるかもしれませんが、いえいえ結構な問題なのです。上の図をもう一度よく見てください。立方体は立方体ですが、2種類の見え方をしてしまうことに気づけますでしょうか。
…見えない人向けにヒントを出します。ひとつの見え方は普通に立方体を上から見た図です。もうひとつの見え方は立方体を下からのぞき込んだような図です。どうでしょうか。いけましたか??
実はこの図は、『ネッカーの立方体』という有名な錯視を扱った図です。
見えないことで結果として余計なトラブルに巻き込まれずにすんだという考え方もできますが、やはり見えるようにはなっておきたいですね。何事にも共通しますが、客観的に物事を捉える力は成長には不可欠です。是非楽しみながら意識して訓練をしてみましょう。

関連記事related posts

エクタス大宮校教室ニュースエクタス算数科知って得するマメ知識開成中

「続・続・続・続・続・続・続・続・算数よもやまばなし」

今年の算数の入試問題で多く目にしたのは【会話文による出題】でした。 もともと普連土学園中の定番で、最終問題が会話文形式で、その会話中の   を埋めていくというものでしたが、他の学校は、あまり見かけることがなく、普連土学園…

エクタスニュースエクタス算数科ジュニアブログ

「低学年向け問題に挑戦!」解答・解説

  こんにちは エクタス池袋校室長の白田です。   今日は、11/1に投函されたエクタスのチラシに掲載されている低学年向け問題の解説をしていきます。 まず、1から9の合計は45なので、3つのサイコロの…

エクタス算数科

浅野中 2019年算数入試問題より 平方数の和 立方数の和

2019年の浅野中学の入試問題に面白い問題があります。 1×1+2×2+3×3+……+19×19+20×20 を求める問題です。 いわゆる平方数の和の問題ですね。 本来は高校数学で習う問題ですが、…

新着記事latest posts

no image

2020/10/22

エクタス理科より雙葉中

雙葉中の入試問題より

急に肌寒くなってきましたね。夏と秋が一気に過ぎいきなり冬が・・・と思いきや、また少し暖かくなり・・・と、日々様子が変わっています。受験生のみなさん、体調管理には十分にお気をつけ下さい。 さて、今年の雙葉中の大問2では、ヒ…

エクタス理科より雙葉中

no image

2020/10/21

エクタス国語科より

季節感

今年はコロナの影響で夏休みも短かった…という人も多いでしょう。あっという間に夏が終わり季節は秋に。早いもので、受験生には残り3ヶ月という時期になりました。夏休み中は気温も高い日が多く、「コロナだけでなく熱中症にも注意を!…

エクタス国語科より

no image

2020/10/21

お知らせ

感染症予防の取り組みについて

エクタスでは完全通塾型授業を再開にあたり、感染予防対策を遵守し安全確保を第一に考え対応してまいります。 <エクタスからのお約束> 職員は授業時にフェイスシールドとマスクの両方を着用します。 日々検温や健康チェックを実施し…

お知らせ

pagetop