算数のおはなし その2

2020/11/23

エクタス大宮校教室ニュースエクタス算数科

こんにちは。大宮校の宮下です。
今回も前回に引き続き、算数のアプローチについて考察してみます。

例①  37㎞を11.1分で進むとき,24分で何㎞進みますか。

速さを求めると、37÷11.1×60=200より時速200㎞。
この速さで24分進むと、200×24÷60=80㎞になる。
というのが一般的な解き方ですが、面白みもなく計算も面倒です。
同じ速さであれば割合や比は等しいはずです。

この問題を図式化してみると、  
 11.1分 → 37㎞
 24分   →    
37×3=111 より、時間を10倍して3で割ると道のりになることがわかるので、
24×10÷3=80(㎞)と同じ答えを暗算で出すことができました。
80㎞という答えを出すのに、面倒な計算を回避できるのです。これが算数の醍醐味です。数学と根本的なとらえ方が違います。直線的に解くのではなく、面の広がりを持たせることで、結果的に答えに短距離で向かうことができるのです。ゴリゴリ計算もしていないので、いわゆる計算ミスの予防にもなります。
ちなみに、前出の 37×3=111 は受験生の常識です。
このほかにも、7×11×13=1001  73×137=10001 は必須です。
更に発展させたものとして、11×101=1111  3×7×11×13×37=111111 
11×73×101×137=11111111  などもあります。

例②  1,3,6,10,15,21,28,36,45,55,… の89番目と90番目の和はいくつですか。

三角数という階差数列の問題です。 
たとえば9番目は、1+2+3+4+5+6+7+8+9=(1+9)×9÷2=45で、
10番目は、1+2+3+4+5+6+7+8+9+10=(1+10)×10÷2=55です。

89番目は(1+89)×89÷2=4005、90番目は(1+90)×90÷2=4095なので、
4005+4095=8100 というのが一般的な解き方です。
ですが、この三角数には興味深い性質があるので、それを利用するととてもエレガントに解くことができます。
9番目と10番目の和は、45+55=100 になりますね。実はこの100は、10番目の10の平方数になっているのです。
ですから89番目と90番目の和は、90×90=8100 になります。
また、89番目と90番目の差は90ですから、このことを利用すると、89番目と90番目を簡単に求めることができます。
 90÷2=45 
 90×90=8100  8100÷2=4050
となるので、
 89番目…4050-45=4005
 90番目…4050+45=4095
等差数列の和の公式でゴリゴリ計算して解くよりもスマートになりましたね。
ちなみに、三角数は、1から始まる整数の和として式を立てますが、このことを利用して式を作ると、N番目の三角数=(N×N+N)÷2 というとてもシンプルな形になります。

この三角数にはほかにもこんな性質があります。

三角数13610152128364555
三角数の平方 1936100225441784129620253025
立方数   1827641252163435127291000

連続する三角数の平方の差は、同順の立方数になっています。
例えば、三角数の9番目の平方数と10番目の平方数はそれぞれ45×45=2025と55×55=3025ですが、その差は3025-2025=1000で、これは10×10×10=1000と同じです。
この法則はどの2つにも当てはまります。

考察の結論ですが、【当たり前と思って、使っているその式は本当に最善の手法なのか】、【まだまだ自分の知らないアプローチの仕方があるのではないか】、という問いかけを常にしていくことができれば、筑駒・御三家・駒東に近づくことができるのではないでしょうか。

関連記事related posts

エクタス算数科

在校生との雑談から

先日,現在雙葉中学校に通う1年生の子が遊びに来てくれました。 いろいろと学校の話を聞いている中で,突如 「そういえば私が受験したときの[3]の問題って何の展開図なの?」 と聞かれました。 「えっ?展開図?何のこと?」 私…

エクタス大宮校教室ニュース

「チャンスの神様」

ギリシア語の「機会(チャンス)」を意味する単語を神格化した「カイロス」という男性神がいます。ゼウス神の末子とされています。 この神の彫像は、「前髪が長く、後頭部は禿げ上がった少年」として表されることが多く、一度見たら忘れ…

エクタス国語科よりエクタス大宮校教室ニュース知って得するマメ知識

漢字の「部首以外の部分」

先日、授業で「漢字の部首」をとりあつかいました。 部首とは、漢字の組み立てている部分のうち、基本となる部分のことです。 部首は主に「へん」・「つくり」・「かんむり」・「あし」・「かまえ」・「たれ」・「にょう」と七つの種類…

新着記事latest posts

no image

2021/10/18

エクタス算数科

「2022問題」対策について

毎年、西暦の数字にまつわる問題はよく出題されます。来年は2022年ですから、2022にまつわる問題が出題されることは予想できます。これを「2022問題」と呼ぶことにします。この対策として次の問題を考えてみましょう。 【問…

エクタス算数科

no image

2021/10/13

エクタス国語科より

筑駒・男女御三家・駒東合格へのあと100日の国語学習法

10月24日で、2月1日まであと100日となります。これは毎年共通の残り日数、残り時間です。受験生は大体週に最低4日は塾の授業に参加していると思うので、100に7分の4を掛けて100から引くと、塾の授業がない日が出ます。…

エクタス国語科より

no image

2021/10/13

エクタス理科より

ノーベル物理学賞を日本出身者が受賞

暑さが一段落して少しずつ涼しくなってきていますね。受験生のみなさん、気温の変化に気をつけて勉強に励んで下さい。 さて、先日2021年のノーベル賞受賞者が発表され、日本出身の眞鍋淑郎氏がノーベル物理学賞を受賞しました。受賞…

エクタス理科より

pagetop