算数のおはなし その3

2021/4/15

エクタス大宮校教室ニュースエクタス算数科

こんにちは。大宮校の宮下です。
今回は、算数のアプローチについて考察の3回目です。

キセル算と呼ばれる計算問題です。一般的には、2つの分数の差を求めるときに通分して求めた答えを利用して、式の変形を行います。

例①の解法・解答はこちら


例② ポンプで泉の水を汲みだすのに、2台使うと10時間、3台使うと6時間かかります。この泉は一定の割合で水が湧き出ています。2時間で汲みだすのにポンプ何台必要ですか。

ニュートン算と呼ばれる仕事算です。ちなみに落ちるリンゴから万有引力に気づいたアイザック・ニュートンとして有名ですが、その真偽ははっきりしないそうです。そのニュートンが、数学の講義の時に学生に出題したのが由来とされています。
さて、このニュートン算ですが、一般的には、ポンプ1台が1時間に汲みだす量を①として、はじめの量や湧き出る量を線分図にまとめる解き方が主流です。例②程度の問題であれば、時短が可能です。仕事算ののべを利用します。

例②の解法・解答はこちら


考察の結論ですが、【当たり前と思って、使っているその式は本当に最善の手法なのか】、【まだまだ自分の知らないアプローチの仕方があるのではないか】、という問いかけを常にしていくことができれば、筑駒・御三家・駒東に近づくことができるのではないでしょうか。

関連記事related posts

エクタス算数科

9の倍数の見分け方

学年の初めには数の性質として、約数や倍数を学習することも多いですね。 今回は9の倍数の見分け方についての問題です。 「9の倍数ならば各位の和が9の倍数になるのはなぜですか」 18、153、4491など、各位の和が9の倍数…

エクタス大宮校教室ニュース

「チャンスの神様」

ギリシア語の「機会(チャンス)」を意味する単語を神格化した「カイロス」という男性神がいます。ゼウス神の末子とされています。 この神の彫像は、「前髪が長く、後頭部は禿げ上がった少年」として表されることが多く、一度見たら忘れ…

エクタス大宮校教室ニュースエクタス算数科

「算数のおはなし その6」

こんにちは。大宮校の宮下です。 今日は、筑駒・御三家・駒東の算数入試を比較してみます。 (参考)2022年度各校の算数の試験時間・大問数(小問総数)算数配点/4科配点     解答用紙の有無 1問当たりの平均時間と4科合…

新着記事latest posts

no image

2022/6/30

エクタス理科より

ミツバチが池の上を飛ぶとどうなる?

先日、「ミツバチの特性についての実験が行われた」というニュースがありました。 1963年、オーストリアの昆虫学者が、「池の上を飛ぶミツバチは、池に波があるときは難なく飛行できるが、波が全くない状態のときは、うまく飛行でき…

エクタス理科より

no image

2022/6/30

お知らせ

9月開講:2022年度後期講座【申込受付中】

エクタスの2022年度前期講座の申込を受付中です。エクタスにお通いでない方も、各講座のページよりお問い合わせ・お申し込みいただけます。詳しくは、各講座のページをご確認ください。 【小4・5対象】筑駒・御三家・駒東 プレ講…

お知らせ

2022/6/30

ピックアップ

9月開講:小4・5「筑駒・御三家・駒東 プレ講座」体験受付中!

筑駒・御三家・駒東中合格を目指す小5生へ、今鍛えておきたい力を。 筑駒・御三家・駒東中合格を最終目標とした場合、6年生での実戦演習の前に、身につけて欲しい力があります。算数では未見の問題を前にして戦える『現場思考力』・『…

ピックアップ

pagetop