算数のおはなし その4

2021/6/14

エクタス大宮校教室ニュースエクタス算数科

こんにちは。大宮校の宮下です。

今回は、算数のアプローチについて考察の4回目です。
「速さ」というジャンルは中学入試において大変に重要な位置づけになっています。
算数のセンスを図る上で最も適しているため、典型題はもとより、様々な設問が用意されることが少なくありません。速さを制する者は受験を制すです。

その典型題についての最短アプローチをいくつか取り上げてみます。


例① 毎時10㎞で進んでいる人が10分間隔で走っているバスに15分ごとに追い越されました。バスの速さを求めなさい。


例② 毎時30㎞で進んでいるバスが等間隔で走っている電車に5分ごとに出会い、15分ごとに追い越されました。電車の速さを求めなさい。


例③ Aさんが池を7周する間に、Bさんは池を8周します。二人がC地点で反対向きに同時に歩き始めて、初めてC地点で出会うまでに、二人は何回で会いますか。


例④ 10時と11時の間で、長針と短針の重なる時刻を求めなさい。


例⑤ 毎時72㎞の速さで、7.2秒では何m進みますか。


典型題を瞬時に処理できるようにしておくと、思考の幅が広がり、浮いた時間を他の問題に費やすことができます。
【当たり前と思って、使っているその式は本当に最善の手法なのか】、【まだまだ自分の知らないアプローチの仕方があるのではないか】、という問いかけを常にしていくことができれば、筑駒・御三家・駒東に近づくことができるのではないでしょうか。

関連記事related posts

エクタス池袋校教室ニュースエクタス算数科

アンダーマイニング効果

アンダーマイニング効果をご存じでしょうか。 こんにちは、池袋校の荒井です。前回のブログでは「あなたを動機づける方法」について、教室での事例を交えて書かせていただきました。その中でも内発的動機づけは大きなプラス効果が確認で…

エクタス算数科開成中

算数での「言葉」の学習

先日、小学校低学年の保護者様に「算数が得意になるためにはどのように勉強をしていけばよいのでしょうか。」という質問をされました。せっかく勉強するのであれば、正しく力が伸びていくような学習をしていきたいですよね。私はその質問…

エクタス算数科

小3以上向け・場合の数の問題 解答編

1週間前に上げたいすの問題の解答編です。ひたすら書き上げていくと途中で行き詰るので,発想の転換(というか逆転)が必要になります。   (1)は準備体操ですので,絵を描いたりして調べ上げればよいでしょう。いすに1…

新着記事latest posts

no image

2021/9/16

エクタス国語科より

出題者の意図

受験生にとって天王山とも言うべき夏が終わりました。去年に続いてコロナ感染拡大の中でしたが、十分成果は出せたでしょうか。 順調にこなせた人もそうでない人も、ここで気持ちを新たにして残り期間を有意義に過ごしてほしいものです。…

エクタス国語科より

no image

2021/9/9

エクタス理科より桜蔭中筑駒

『平年』の変更

今年は、西暦2021年ですね。西暦の1の位が『1』になると、気象庁で用いるデータの『平年値』が変更になります。 2020年までの10年間は、1981年~2010年の30年間の気象データを用いて平年値を計算していました。 …

エクタス理科より桜蔭中筑駒

2021/9/8

お知らせピックアップ

【小1~3】10月 試行(思考)力・記述力 診断テスト 申込受付中

低学年の現段階で求められる力を診断 筑駒・御三家を目指す上で必要となる、与えられた未知の課題を試行錯誤して正解を導き出す「試行力」、考えた答えを書き言葉で表現するための「記述力」。 最難関中学受験専門塾だから可能な、『試…

お知らせピックアップ

pagetop