算数よもやまばなし

2020/7/23

エクタス大宮校教室ニュースエクタス算数科

こんにちは。大宮校の宮下です。

今回は、前回の『六十三減算』に引き続き、これをさらに進化させた『百五減算』を紹介します。

西暦1743年に出版された【勘者御伽雙紙】は、上中下の3巻からなる算数や数学の問題とその解説を載せた本です。
(国会図書館のデジタルライブラリーで実物を閲覧できます。https://dl.ndl.go.jp/で【勘者御伽双紙】と検索。)
その上巻の目録の十九に「百五減といふ事」という問題があります。

原文は「たとへは七ツつゝ引時三ツあまるといひ 五ツつゝ引時一ツ余るといひ 三ツつゝ引時二ツあまるといふ時ハ 総数何程ととふ」とあり、算数の問題としての表記にすると「7で割ると3余り、5で割ると1余り、3で割ると2余る整数の中で最小のものを求めなさい。」となります。

この問題を次のように考えて答えを導いています。
この整数を□とすると、
□=7×▽+3 → 3と5の公倍数の内7で割ると1余る数は15なので両辺に15をかけると
          → □×15=105×▽+45
□=5×◇+1 → 3と7の公倍数の内5で割ると1余る数は21なので両辺に21をかけると
          → □×21=105×◇+21
□=3×☆+2 → 5と7の公倍数の内3で割ると1余る数は70なので両辺に70をかけると
          → □×70=210×☆+140
この3つの式をまとめると、
          → □×106=105×(▽+◇+☆×2)+206
左辺を105で割ると余りは□になるので、(□×106=□×105+□より)
右辺を105で割った余りが□になることがわかるので、
          → 206÷105=1余り101 で求める整数は101となる
という考え方です。
105で割る部分を、次々に105を引いていくという計算手法でその余りを求めています。
この設問自体は、現代の中学入試にも十分に通用しますから、300年近くたっても色あせない算数の魅力とも言えますね。

関連記事related posts

エクタス大宮校教室ニュース

:中学受験生的G・Wの過ごし方 ~旅行篇~

 もうすぐ5月の大型連休(G・W)を迎えようとしています。 ご家族でお出かけになったり、遠出の旅行などにも行かれることもあるでしょう。もしかしたら、小学6年生はそれどころではないかもしれませんね。 受験勉強をしているお子…

エクタス国語科よりエクタス大宮校教室ニュース知って得するマメ知識

冬のことば 

  12月に入り、しだいに寒くなってきました。 先日12月7日は二十四節気でいう「大雪」でした。 雪が激しく降り始めるころ。『暦便覧』では「雪いよいよ降り重ねる折からなれば也」と説明されています。  …

エクタス算数科

小3以上向け・場合の数の問題

 小3以上向けの,場合の数の問題を一問あげます。解き方をどう組み立てていくかという事に加えて,文章で提示されている事態をきっちりととらえられるかが問われる問題です。難易度自体はあまり高くありません。よろしければ…

新着記事latest posts

no image

2020/8/6

エクタス社会

八朔

今年は梅雨が長かったですね。最高気温が30度を超えない日が続き、このまま過ごしやすい夏になるかと思っていたら、梅雨明けしたとたんに一気に気温が上がりました。今年から、環境省と気象庁が共同で「熱中症警戒アラート」を出す試み…

エクタス社会

no image

2020/8/5

エクタスニュース桜蔭中筑駒

「 変わること 変わらないこと 」

新型コロナウィルスの影響で例年と違う状況があちこちで起きていますが、各学校の説明会などの情報を得る場も変化がありそうです。 筑波大学附属駒場中・高等学校のホームページによりますと、今年は10月に予定されていた学校を会場と…

エクタスニュース桜蔭中筑駒

2020/7/29

エクタスニュースお知らせピックアップ

渋谷教育学園幕張中 学校説明会 9月5日開催!

Z会主催 Z会エクタス栄光ゼミナール協賛渋谷教育学園幕張中学校 学校説明会のご案内【参加無料】 来る9月5日(土)に渋谷教育学園幕張中学校の学校説明会を開催いたします。 同校は自調自考をモットーに生徒の成長を促し、進学実…

エクタスニュースお知らせピックアップ

pagetop