9の倍数の見分け方

2021/3/22

エクタス算数科

学年の初めには数の性質として、約数や倍数を学習することも多いですね。

今回は9の倍数の見分け方についての問題です。

「9の倍数ならば各位の和が9の倍数になるのはなぜですか」

18、153、4491など、各位の和が9の倍数になれば、元の数も9の倍数になるというのは、「そういうもの」として習うことが多いかもしれません。また、一応理由は習ったけど忘れてしまったという方もいるでしょう。最近の入試では、このように「当たり前」と受験生が思って覚えている公式などについて、その根拠・理由を問う問題も少なくありません。

普通はこのように考えます。

ある数の一の位、十の位、百の位、……をそれぞれ、A、B、C、……とすると、

元の数は1×A+10×B+100×C+……となります。これを変形すると元の数は

となりますね。ここで、四角で囲った部分は各位の和となり、太字&下線部分は9の倍数になります。よって、元の数が9の倍数ならば各位の和は9の倍数となるわけです。

しかし、この問題を生徒に出したときにこれとは全く違う考え方をしてくれた生徒がいたので、紹介したいと思います。彼はこう考えました。

 ①9の倍数とは何か?→9という数に9ずつたしたものだ。

 ②9という数の各位の和は当然9である。

 ③9をたしたときにくりあがりがなければ、各位の和は、9増える。

 ④9をたしたときにくりあがりがあると、本来10であるものが1と記されるので、

  各位の和は9増えたあと1回のくりあがりにつき、 9減る。(くりあがりが1回

  だけなら、18→27のように結局各位の和は変わらない。198→207のように2回くりあ

がると、各位の和は9減る)

 ⑤結果、9の倍数の各位の和は9から9ずつ増えたり減ったりするだけなので、9の倍数

となる。

いかがでしょうか。非常に面白い考え方ですね。公式などの理由や根拠を教わるだけでなく、自分なりに考えてみることも大切ですばらしいことですね。

関連記事related posts

エクタス算数科

浅野中 2019年算数入試問題より 平方数の和 立方数の和

2019年の浅野中学の入試問題に面白い問題があります。 1×1+2×2+3×3+……+19×19+20×20 を求める問題です。 いわゆる平方数の和の問題ですね。 本来は高校数学で習う問題ですが、…

エクタス算数科

大学入試問題に挑戦

  「a<bとする。正の整数の組(a,b)で,a以上b以下の整数の総和が500となるものをすべて求めよ。」(大阪大)   これはれっきとした大学の入試問題です。しかし,算数をしっかり学習していればこの…

エクタス算数科

2021年浦和明の星中 算数の入試問題より

年が明け、首都圏での2021年度の中学入試も本格的に始まりました。早速ですが、先日実施された浦和明の星中の算数の問題を考えてみましょう。 10cmと20cmと30cmのテープがあり、のりしろを2cmでつなぐ問題です。 (…

新着記事latest posts

no image

2021/5/6

エクタス社会

常識を疑う

「履歴書」というものを見たことはありますか?簡単に言うと「自分がどういう人間が知ってもらうための書類」です。小学生の皆さんにはなじみがないものですが、仕事を探したり、勤めたい企業に対して就職を申し込んだりする(「就職活動…

エクタス社会

no image

2021/4/28

エクタス社会

気象庁発表の「平年値」更新

気象庁の観測をもとに、各地の気温や降水量などについて示される「平年値」というものがあります。たとえば天気予報で、「今日の東京の最高気温は平年に比べて8度高く、7月上旬並みの暖かさとなる見込みです」といった場合の「平年に比…

エクタス社会

no image

2021/4/22

エクタス国語科より筑駒開成中

『先入観にとらわれない』

もうすぐGW…と言いたいところですが、今年は昨年同様に、「黄金週間」ならぬ「自粛週間」となりそうな気配を感じます。ただ、受験学年の生徒にとっては、周りが騒がしく遊びに行っているよりも、かえって集中して勉強できるかもしれま…

エクタス国語科より筑駒開成中

pagetop