2020 御三家の哲学⑤

2020/11/19

エクタス国語科より女子学院

女子学院中の出題から。

何でも知識や既成概念のフィルターで世の中を見る大人と違い、子どもの世界は、いつも、驚きや発見であふれている。どんなものでも、はじめてみつける感動が大きい。だから、たとえば、音楽や絵画においても、上手・下手をこえて、子どもにとって感じられる、ありのままの真実の世界を、そのまま表現することになる。
(阿(おか)純章『「迷子」のすすめ』より)

私たちは、成長するにしたがって、経験・知識を増やし、その集積としての認識の枠組みを通して世界を理解しますね。

留意すべきは、この既存知自体に善悪は存在せず、その活用法如何によって価値・反価値が生じうるということでしょう。大人になるということは、知識の活用によって社会貢献しうる可能性とともに、その悪用による犯罪への萌芽をも併せ持つことになります。

他方、子ども、特に幼年期の児童にあっては、毎日、時々刻々が、新世界との邂逅と感動の連続であり、そこに世事のしがらみや夾雑物が入り込む余地はなさそうです。彼らの表現芸は、彼らにとっての純粋な発見を率直に伝えているがゆえに、見る者の胸を打つといえるでしょう。

煌々と照らすお日様やお月様の光を身に浴びたときの感興に、大草原に身を委ねたときの爽快感に、大海原を行くときの心広々とした気概に…国・民族・言語・宗教などによる差異は、ありましょうか?まして、複雑な大人の先入観念などが邪魔することはありましょうか?

純粋無垢な精神で、手を取り合う子どもこそ、真の「国際人」とは言えないでしょうか?

一方、複数の言語に精通し、複雑な国際政治を縦横に論じる訳知りの大人たちには、戦争を止める術がない。皮肉といえないでしょうか?

繁多な日常の中で、ふと立ち止まり、広大な世界を無心に観じてみませんか?私たちが立ち返るべき原点に気づかせてくれた、本年の女子学院中の出題でした。

関連記事related posts

エクタス国語科より

「考える葦(あし)」であれ

この1年半、コロナ禍に襲われて自粛生活を余儀なくされてきましたが、ここ数日はようやく収束しつつあるように見えます。小学生の皆さんも、一時は学校が休業になったり行事が中止されたりと我慢を強いられてきたかと思います。ここで気…

エクタス国語科より開成中

「あまぞん」をカタカナで答えなさい

こんにちは。大宮校の佐藤です。 11月、エクタスの小学1年生のクラスにおいて「第2回 小1試行力・記述力テスト」が実施されました。 ふだんエクタスジュニア算数やアルゴクラブでお通いの方も、算数はもちろん、国語のテストを3…

エクタス国語科より

『基本』の大切さ

  リョウヤクはクチにニガし (良薬は口に苦し)   ヤマのあなたのソラトオく (山のあなたの空遠く)   アサいカワもフカくワタれ (浅い川も深く渡れ)   シるモノはイわず、イ…

新着記事latest posts

2024/7/12

お知らせ

2024年度後期講座【申込受付中】

エクタスの2024年度後期講座の申込を受付中です。エクタスにお通いでない方も、各講座のページよりお問い合わせ・お申し込みいただけます。詳しくは、各講座のページをご確認ください。 【小6対象】筑駒・御三家・駒東 最難関スー…

お知らせ

2024/7/12

ピックアップ

小6「筑駒・御三家・駒東 最難関スーパー講座」【2024年度後期】申込受付中!

講座は土曜日午前を中心に設定、1科目から受講が可能です。受講生には担当講師のナビゲートにより個別カリキュラムを提案。 毎年筑駒・御三家・駒東中合格者を輩出するエクタスの看板講座。最難関校の入試傾向に直結する教科別講座を今…

ピックアップ

2024/7/12

ピックアップ

小4・5「筑駒・御三家・駒東 プレ講座 」【2024年度後期】申込受付中!

筑駒・御三家・駒東中合格を目指す小4・5生へ、今鍛えておきたい力を。 筑駒・御三家・駒東中合格を最終目標とした場合、6年生での実戦演習の前に、身につけて欲しい力があります。算数では未見の問題を前にして戦える『現場思考力』…

ピックアップ

pagetop