2020 御三家の哲学⑤

2020/11/19

エクタス国語科より女子学院

女子学院中の出題から。

何でも知識や既成概念のフィルターで世の中を見る大人と違い、子どもの世界は、いつも、驚きや発見であふれている。どんなものでも、はじめてみつける感動が大きい。だから、たとえば、音楽や絵画においても、上手・下手をこえて、子どもにとって感じられる、ありのままの真実の世界を、そのまま表現することになる。
(阿(おか)純章『「迷子」のすすめ』より)

私たちは、成長するにしたがって、経験・知識を増やし、その集積としての認識の枠組みを通して世界を理解しますね。

留意すべきは、この既存知自体に善悪は存在せず、その活用法如何によって価値・反価値が生じうるということでしょう。大人になるということは、知識の活用によって社会貢献しうる可能性とともに、その悪用による犯罪への萌芽をも併せ持つことになります。

他方、子ども、特に幼年期の児童にあっては、毎日、時々刻々が、新世界との邂逅と感動の連続であり、そこに世事のしがらみや夾雑物が入り込む余地はなさそうです。彼らの表現芸は、彼らにとっての純粋な発見を率直に伝えているがゆえに、見る者の胸を打つといえるでしょう。

煌々と照らすお日様やお月様の光を身に浴びたときの感興に、大草原に身を委ねたときの爽快感に、大海原を行くときの心広々とした気概に…国・民族・言語・宗教などによる差異は、ありましょうか?まして、複雑な大人の先入観念などが邪魔することはありましょうか?

純粋無垢な精神で、手を取り合う子どもこそ、真の「国際人」とは言えないでしょうか?

一方、複数の言語に精通し、複雑な国際政治を縦横に論じる訳知りの大人たちには、戦争を止める術がない。皮肉といえないでしょうか?

繁多な日常の中で、ふと立ち止まり、広大な世界を無心に観じてみませんか?私たちが立ち返るべき原点に気づかせてくれた、本年の女子学院中の出題でした。

関連記事related posts

エクタス国語科より桜蔭中

2020 御三家の哲学④

桜蔭中の出題から。 登山は、一定のルールに縛られるスポーツではなく、高度な判断と成り行きの連動作業による本質的に自由な「旅」のようだ。 冒険の本質は、自然との関係性を構築し、自然の中で生きることで自己存在確認する魅力にあ…

エクタス国語科より

季節感

  10月も半ばになりました。秋の深まりを感じる季節です。 芸術の秋・食欲の秋・スポーツの秋・文化の秋… 秋はいろいろな修飾語をつけて呼ばれることが多いですね。皆さんはいくつ思いつきますか? &nb…

エクタス国語科より

3年生のこの時期に

受験の時期の関係で、塾では2月から新学年です。 ということは、3年生の皆さんは、あと数ヶ月で受験生の仲間入りです。 今日は、国語科の担当として、4年生に上がる前にどんなことが出来ていてほしいか、書きたいと思います。 ①3…

新着記事latest posts

2022/7/28

お知らせピックアップ

【小1~3】10月 試行(思考)力・記述力 診断テスト 申込受付中

低学年の現段階で求められる力を診断 筑駒・御三家・駒東中を目指す上で必要となる、与えられた未知の課題を試行錯誤して正解を導き出す「試行力」、考えた答えを書き言葉で表現するための「記述力」。最難関中学受験専門塾だから可能な…

お知らせピックアップ

no image

2022/7/18

エクタスたまプラーザ教室ニュースエクタス成城学園校教室ニュースエクタス社会

夏期講習を前に

今年も暑い夏がやってきましたね。気象庁が「猛暑日」という言葉を使用し始めたのは2007年のことですが、今やすっかり日常に定着した言葉となっています。この暑さをしのぐにはもはや冷房は必要不可欠ですが、一方で電力供給のひっ迫…

エクタスたまプラーザ教室ニュースエクタス成城学園校教室ニュースエクタス社会

no image

2022/7/14

エクタス国語科より

マーキング

中学受験を目指す小学生なら、今まで何問も国語の文章問題を解いてきたと思います。テキストの問題、テスト等、何問も文章を読み、答えてきたことでしょう。小学校でのテスト(いわゆる「カラーテスト」)レベルなら、受験生の皆さんなら…

エクタス国語科より

pagetop