渋谷校

開講コース一覧

渋谷校 写真1
明るくきれいな教室で集中して学習できます。
渋谷校 写真2
受付ではいつでも質問をお待ちしています。

講師のご紹介

大野 伊智郎(オオノ イチロウ)教室責任者

大野 伊智郎

担当教科:社会・国語 指導歴:32年

大きな志を持った子どもたちに、努力することの大切さと、学ぶことの喜びを教え、最難関中学合格へと導きます。

中学受験がゴールではありません。しかし、中学受験は、人生に一度の大きなチャンスでもあります。Z会エクタス栄光ゼミナールでは、徹底した少人数指導の中で、生徒一人ひとりと向き合い、努力することの大切さと、学ぶことの喜びを教え、最難関中学合格へと導きます。大規模な塾にはない、真心のこもった指導がエクタスにはあります。大きな志を持った皆さんのご入塾をお待ちしております。

荒井 孝司(アライ タカシ) 低学年責任者

荒井 孝司

担当教科:算数  指導歴:33年

「見極め分析する力」と「展開し突破する力」を鍛えた算数脳を手に入れよう。

算数の授業では、入試はもちろん生涯役立つ次の2つの力を育みます。
「見極め分析する力」情報を図や表に整理する力、立体や平面図形を的確に捉える力、本質を見抜く力。
「展開し突破する力」柔軟でロジカルな思考力、集中力、表現力。
最高の算数脳を手に入れよう。
低学年からの通塾で、筑駒・御三家・駒東へ多数が合格しています。
1対1でのフィードバックを繰り返し、自ら掴んでいただくよう支援します。

松井 猛巳(マツイ マサキ)

松井 猛巳

担当教科:理科・算数 指導歴:21年

1つの原理・原則から、いろいろなことを考えよう!

理科という科目は、数少ない原理・原則を利用して、いろいろな事柄を考える科目です。ですから、知識の丸暗記に終始せず、原理・原則を使って考えることや、知識の活用方法の定着を目標としています。そして、それらの経験をもとに、最難関校合格に必要不可欠な「最後まで考え抜く力」を養成していきます。

蛯名 政之(エビナ マサユキ)

蛯名 政之

担当教科:国語 指導歴:25年

昭和の残り香漂う国語指導

国語の答案って、何でしょう。学校の先生が選択した文章を理解していますよ、というアピールです。理解しているから質問に応えられますよ、というアピールです。そして、自分の考えを他人に伝える能力がありますよ、というアピールです。
日常生活で会話しているときには意識されることは少ないのですが、これらは非常に能動的な行為です。「段落整序プリント」や「読記プリント」等のエクタスオリジナルの記述教材を用いて、積極的に「アピール」できるよう訓練してまいります。その結果として、「志望校合格」の他に、読書の喜び、コミュニケーションの楽しみが得られるはずです。楽しみですね。

富山 寛之(トミヤマ ヒロユキ)

富山 寛之

担当教科:算数 指導歴:20年

最難関校入試を戦うための「読み」の精度を、ひたすらに高める

最難関校入試の舞台で戦うためには、具体的な問題パターンに応じたテクニックの習得のみならず、さまざまな水準における「読み」が重要になります。問題文から確実に読み取れる事柄をひきだすための「読み」、精密かつ複雑な問題設定を的確に読み崩すための「読み」、ここから先の展開を大胆かつ正確に予測するための「読み」。これらの「読み」の精度を高め続ける事こそが、最難関校の入試問題を楽しむための、そして合格をつかみ取るための絶対条件なのです。 エクタスの授業では、お子様それぞれの反応を大切にし、対話をおこなうことに重きをおきます。ひとりひとりが自分自身の能力の成長を信じ、より深く考えることをあきらめない環境を提供します。個々の「読み」の微妙なズレを修正するために、適切なアドバイスを投げかけ続けます。さあ、エクタスの授業に参加し、「読み」の精度を高めるための学習をはじめてみませんか。

滝澤 幹(タキザワ カン)

滝澤幹

担当教科:算数 指導歴:31年

お子さま1人ひとりの学習法を一緒に考えます

お子さま1人ひとりの志望校合格に向けて、考え方や解法を教えすぎるのではなく、お子さま自身が自らの力でレベルを上げていくことができる学習方法や学習環境づくりを心がけています。
また、中学受験生だけではなく中高一貫校に進学した中学生・高校生も指導しているので、中学進学後に向けてどんな学力を身につけるべきかを念頭に置いた指導も行っております。

田子 武志(タゴ タケシ)

田子 武志

担当教科:国語 指導歴:31年

「読む力」・「考える力」・「書く力」一生の財産となる国語力を身につけよう

国語力は単に一受験科目として求められるものではなく、 全学習科目の基礎となり、ひいては一生涯生き続ける技能です。私たちはこの技能を、難関中学合格を目指す全ての受験生に修得してもらいたいと願い、まず、読解問題と記述トレーニングをリンクさせることによって生徒が長時間集中して取り組めるように工夫したオリジナル記述教材を用意しました。そして、授業も講義形式の集団授業ではなく、生徒が主体的に課題に取り組み、適宜講師 の助言を得ながら、要約文や答案を着実に完成させていく、エクタス独自の半個別ワークショップ方式を採用しています。これらにより、読解・思考・表現という生徒の全人格的作業をサポートします。是非エクタスの授業で国語を得意科目にしてください。

平岡 敏大(ヒラオカ トシヒロ)

平岡 敏大

担当教科:算数・理科 指導歴:22年

「わかる」から「できる」生徒を育みます

筑駒・御三家など最難関中学の入試問題は、まず問題の意図を読み取り、解答を導き出すまでの過程を自分で探り、正解にたどり着く必要があります。講師の説明を聞いて「わかった気」になっただけでは自分で「できる」ようにはなりません。
「教えすぎない」エクタスの授業を通して、自分の力で問題を解けた時の「楽しさ」「喜び」を感じてもらえる指導を心がけます。「それ以上言わないで。自分でやるから。」この言葉の先に、生徒の皆さんの第一志望校合格が待っています。
その目標に向かって、全力でご指導してまいります。

池田 真由美 (イケダ マユミ)

担当教科:国語 指導歴:33年

授業の主役は君たち自身
手と脳を働かせて生涯役立つ国語力を身に付けよう

「他の教科はどう勉強すればいいかわかるけど国語はわからない。」
という悩みを大袈裟ではなく毎日のように耳にします。
受験に必要な国語力は、「読解力」と「記述力」です。
 言葉にされた論理を解釈するのが「読解力」
 論理を言葉にして表現するのが「記述力」
エクタス国語は講義形式の授業ではありません。生徒自身が授業の主役となり、ひたすらひたすら書く時間を経て国語力を身に付けさせていきます。
文章の徹底的な論理分析を数々のエクタスオリジナルプリントで行い、正確に丁寧に文章と向き合って身に付けた「読解力」と、書くという手と脳の作業で身に付けた「記述力」によって完成する生涯役立つ国語力。それを修得した先にある志望校合格。
志望校合格に向け、時に舞台監督、時に演出家…と様々な役を担いつつ全力でサポートいたします。

教室ご紹介

TEL

050-1796-8607

住所

東京都渋谷区渋谷1-15-21 ポーラ渋谷ビル7F

最寄り駅

JR線・京王井の頭線 渋谷駅宮益坂口、東急線・東京メトロ線 渋谷駅B3番出口 徒歩2分

教室までの順路

渋谷駅「宮益坂口」「B3番出口」それぞれの出口から明治通りを原宿方面に直進します。右手にドトールコーヒー、野村證券渋谷支店を過ぎると「ポーラ渋谷ビル」があります。そのビルの7Fがエクタス渋谷校です。エレベーターをご利用ください。

pagetop