2024年開成中 国語の入試問題を紹介します。

2024/6/6

エクタス国語科より開成中

試験時間50分 満点85点 

論説的随筆文1題 3問 解答形式 字数あり

物語文1題 4問 解答形式 字数なし 2行の枠

大問1 随筆文 出典は佐々木正人『時速250㎞のシャトルが見える』(2008年7月初版)から。

筆者が埼玉県所沢市にある国立身体障害者リハビリテーションセンター学院の学生さんに聞いた話です。事故でひざから下を両足とも切断した人がプールで泳ぐとどうなるか。最初は水にプカプカ浮かぶだけです。しかし、数日間プールの水につかって動いているうち、背と腰をくねらせる水平運動が現れてくるのです。周囲の環境の中で行動を可能にしている性質のことを「アフォーダンス」といいます。

問2では、アフォーダンスがあるなと筆者が思えるようになった理由を60字以内で説明します。問3では、筆者が「失明者についてあるくという経験」と「スポーツ」ではどういう点で共通しているか「アフォーダンス」という言葉を用いて50字以内で説明します。

筆者は、失明した男性の歩行訓練に付いて歩いたとき、振動の満ちた周囲の環境への感覚が研ぎ澄まされたことを実感しました。スポーツのどの種目も特殊な環境を過酷なかたちで構築することで成立します。アスリートといわれる人たちはそこでの不自由さを十分に味わいつくし、不自由さの中のわずかな自由を活かしきっている人たちなのです。ともに過酷で不自由な環境の中で、わずかに存在するアフォーダンスを活かして体を動かしている点が共通しているのですね。出典の『時速250㎞のシャトル』とはバドミントンのシャトルのことです。入試問題の範囲ではなかったのですが、本書には2008年北京オリンピックの日本代表、“オグシオ”こと潮田玲子さんのインタビューも入っています。

大問2 物語文 出典は千早茜『おとぎのかけら 新釈西洋童話集』「鵺の森」(2013年8月初版)から。

「僕」が、小学校の同級生である「翔也」に街で声をかけられ、十五年ぶりに再会します。僕が小学校時代のことを回想する場面から始まります。僕が転校した町は人口が少なく、人々は細かい部分にまで注目してきます。僕は異物と見なされないようふるまっていました。同じクラスの翔也も転校生で、父親がハーフで見た目が異なるためにいじめられていました。僕は上半身に痣(あざ)があり、翔也はタトゥーがあったので、二人で秘密を共有していました。しかし、ある日、図画工作で素晴らしい模型を作り、まわりから賞賛される翔也をみて、僕は翔也の秘密を周囲にばらしてしまいます。再びいじめられるようになった翔也は学校に来なくなりました。学校の裏には鵺(ぬえ)がいると言われた森がありました。場面は現在に戻り、翔也は鵺の森に入ったことを話し出します。

問1では、僕の「安心」とはどのようなものか説明します。問3では翔也の作った工作が「大きく羽を伸ばして、今にも飛び立ちそうに生き生きとしている」と感じた僕の気持ちを説明します。問4では、鵺を見る前と見た後で翔也の気持ちの変化を説明します。

転校してきたばかりの僕は、言葉の違いなどちょっとしたことでいじめられないかと不安に思う中、翔也という外見もしぐさもあからさまにいじめられそうな生徒を見たことで、自分がいじめられることはなさそうだと安心します。翔也の作った模型が僕にとって生き生きと見えたのは、今までみんなにいじめられ、まるで生気を感じられなかった翔也が作った模型の存在感に圧倒され、周囲の生徒の翔也を見る目も明らかに変わっており、いじめが翔也ではなく自分に向かってくるのではないかと恐れたからなのです。いじめられていた翔也はいつか誰かが自分のことを理解してくれる日が来ると夢見ていたが、死ぬ覚悟までして鵺を見た後は、他者の理解を求めず孤独を受け入れて生きる決意をしました。少年たちの不安や恐れ、絶望する気持ちを読み取り記述する物語文でした。

以上、お読みいただきありがとうございました。今後もさまざまな国語文章に触れ、学習に取り組んでいきましょう。(佐藤)

関連記事related posts

エクタス国語科より

読書メモを振り返って

先日本棚の整理をしておりましたら、学生時代の読書メモノートが出てきました。 その頃は読書の成果をどのように残すかあれこれ試していた頃でした。 カード、26穴ルーズリーフ、6穴バイブルサイズの手帳等々。 後にパソコンでの管…

エクタス国語科より武蔵中筑駒開成中麻布中

ピンチをチャンスに

2020年は、新型コロナウィルスの影響により世界中が大混乱の日々となっています。学校もほとんどが臨時休校となり、大きなイベントも自粛要請が続き、今年開催予定の東京オリンピックでさえ開催が危ぶまれる声が出ています。 私自身…

女子学院桜蔭中武蔵中筑駒開成中雙葉中麻布中

2020年中学入試 筑駒・御三家 国語出典

<筑波大駒場> 伊藤亜紗「ゼロとお寿司」(随筆) 朝倉かすみ『ぼくは朝日』(物語文) 蜂飼耳「栞」(詩)   <開成> 朝比奈あすか『君たちは今が世界すべて』(物語文) 瀬川千秋『中国 虫の奇聞録』(説明文) …

新着記事latest posts

2024/7/12

お知らせ

2024年度後期講座【申込受付中】

エクタスの2024年度後期講座の申込を受付中です。エクタスにお通いでない方も、各講座のページよりお問い合わせ・お申し込みいただけます。詳しくは、各講座のページをご確認ください。 【小6対象】筑駒・御三家・駒東 最難関スー…

お知らせ

2024/7/12

ピックアップ

小6「筑駒・御三家・駒東 最難関スーパー講座」【2024年度後期】申込受付中!

講座は土曜日午前を中心に設定、1科目から受講が可能です。受講生には担当講師のナビゲートにより個別カリキュラムを提案。 毎年筑駒・御三家・駒東中合格者を輩出するエクタスの看板講座。最難関校の入試傾向に直結する教科別講座を今…

ピックアップ

2024/7/12

ピックアップ

小4・5「筑駒・御三家・駒東 プレ講座 」【2024年度後期】申込受付中!

筑駒・御三家・駒東中合格を目指す小4・5生へ、今鍛えておきたい力を。 筑駒・御三家・駒東中合格を最終目標とした場合、6年生での実戦演習の前に、身につけて欲しい力があります。算数では未見の問題を前にして戦える『現場思考力』…

ピックアップ

pagetop