女子学院中の理科の入試問題より

2023/4/20

エクタス理科より女子学院

寒さが過ぎ去り、あたたかい…というより、暑い日が続くようになりましたね。受験生のみなさんは日々の学習や模試に励んでいる時期だと思います。

さて、本年の女子学院中のⅡでは小笠原諸島に関する問題が出題されました。

父島に持ち込まれた外来生物の特徴を挙げ、その生物が持ち込まれた理由を選ぶ問題です。北アメリカ原産であること、虫のみを食べていることの情報からペットとして持ち込まれたグリーンアノールであることを推測し、答えていく問題で大変興味深い問題です。

小笠原諸島は大陸から離れてできたのでは無く、海底火山が噴火してできた火山島です。一度も大陸と陸続きになったことがないため、島には独自の進化を遂げた固有種が多く存在します。そのため、2011年に世界自然遺産に登録されています。外部から生物が入り込むためには長い期間海を渡る必要があるため、人が持ち込まない限り大型のほ乳類などは入り込むことができない環境になっています。

ペットや観賞用として持ち込んだ生物が野生化したり、何らかの理由で持ち込んだ生物をわざと放したことにより野生化したりといった意図的な持ち込みはもちろんですが、意図的では無い持ち込みにより外来生物が持ち込まれ野生化してしまうケースもあります。意図的なケースはもちろんですが、意図的では無いケースの持ち込みをどう防ぐか、何に気をつければ良いのか、といった内容は中学受験の理科でも出題されています。

例えば小笠原諸島に船で観光に行く際、船から島へと上陸するときに衣服や靴の裏に本土の生物がついていて、上陸してそのまま島へ流入してしまうケースがあります。卵や種子がついていることはもちろんですが、成体や幼虫、花粉、生物の体の一部そのものなどがついている場合もあります。人の移動はもちろんですが、物資の移動の際も同様のことが言えます。これらの様な意図的では無い外来種の持ち込みを防ぐ手段としては、まず船に乗る際に衣服についているものをはらったり、靴の裏についているものを落としたりということが挙げられます。それでも船内で本土の生物が付着する可能性がありますので、上陸の前にも同様のことを行います。物資を持ち込む際にも船に積み込む時、船から降ろす時には何かが付着していないかを入念に確認します。それでも外来種の流入が確認されてしまった際には、罠などを使って捕獲をしたり、目視できる植物は引き抜いたりと、駆除を徹底します。可愛そうに思うかもしれませんが、小笠原諸島の固有種、自然を保持するためには必要なことであると言えます。

数年前のある中学校の入試問題でこのような問題が出題されました。

海底火山の噴火によりできた火山島を調査する際、船を直接島につけて上陸するのでは無く、島の近くで船を止め、そこから船まで泳いで(ダイビングですね)いき上陸をします。島から船に戻る際も同様に泳いで戻ります。この理由を答えなさい、というものです。

みなさんはもうわかりますね。

島から離れた場所から泳いで上陸することで、

・船からの外来種の侵入

・体についた外来種の侵入

を可能な限り防ぐことができます。

そこまでするのか?と思うかも知れませんが、自然を保護し、生態系を守るため、最近の言葉で言えば「多様性を維持する」ためには必要なことであると言えます。

受験生のみなさん、日々の学習をしながらまだ少し余裕があるうちに身のまわりのことに目を向けて下さい。そこで見て、聞いたことが理科や社会の入試で出題されるかもしれません。

頑張れ!受験生!

関連記事related posts

エクタス理科より

「転職」する働きバチ

以前、NHKの科学番組でミツバチの生態を紹介していました。番組の内容そのものがおもしろいですし、とても勉強になりますから、少しでも興味が引かれる内容のときはぜひ観て欲しいと思います。さて、番組で紹介していたのはニホンミツ…

エクタス理科より

京(けい)から富岳(ふがく)へ

2020年6月22日、スーパーコンピューターの計算する速さを競う世界ランキングが発表されました。ニュースでも伝えられていましたが、皆さんはご存じでしょうか? そのランキングで、日本の新しく開発されたスーパーコンピューター…

エクタス理科より

生物研究のススメ

シベリアの永久凍土から氷づけになっている動物の死骸が次々と発見されていることはよく知られています。マンモスの話などは特に有名なので、皆さんも話を聞いたことがあるのではないでしょうか。何万年も前の生物の体が、骨だけではなく…

新着記事latest posts

2024/5/16

お知らせピックアップ

筑駒・開成・桜蔭対策:小6合格力完成講座~パーフェクトアプローチ~ 9月開講

「合格力完成講座~パーフェクトアプローチ~」は、筑駒・開成・桜蔭を目指す小6最上位生を対象に、日曜日に開講する特別講座です。本講座では、演習→添削→解きなおしを繰り返すことで、弱点や苦手を徹底的にカバーでき、得点力を確実…

お知らせピックアップ

2024/5/16

お知らせピックアップ

【7/15・9/14】筑駒・開成・桜蔭 学校別合格力判定模試(小6生)

筑駒・開成・桜蔭中をめざす小6生を対象にした模試で、Z会エクタス栄光ゼミナールの各教室で実施します。 各学校の出題傾向をもとに問題を作成し、合格ラインを提示します。 ■日程7月15日(月・祝)・9月14日(土) ■会場エ…

お知らせピックアップ

2024/5/16

お知らせピックアップ

2024年度夏期講習 7/21開講

先輩たちに続く夏。 2024年入試では、在籍125名中70名のエクタス生が筑駒・御三家・駒東中の合格を勝ち取りました。 中身の詰まったエクタスの夏期講習で自分の力をとことん磨き、先輩たちに続く夏にしましょう。 小1~小3…

お知らせピックアップ

pagetop