2021年開成中 国語の入試問題を紹介します。

2021/5/13

エクタス国語科より開成中

試験時間50分 満点85点 
物語1題5問 説明文1題3問
解答形式 マス目 字数制限あり

大問1 物語文 出典は最上一平『銀のうさぎ』所収「糸」から。

主人公の拓也は、楽しみにしている遠足の日まで心配事がありました。拓也のズックはペシャンコになった貧相なズックでした。遠足の当日、拓也は母親にから白い糸でぬってあるズックを渡されたのにもかかわらず、母親に「カッコ悪い」と言ってしまいます。遠足の次の日、河原で同級生の和子に会います。拓也は和子の新しいズックをうっかり河原に流してしまいます。しかし、怒りもせず悪口も言わなかった和子。拓也は和子の顔が、いつもと違って見えました。はだしになった和子に、拓也は白い糸のほどけた自分のズックをはかせます。
問3では、「カッコ悪い」と言ったあとの拓也の心情の変化を50~70字で記述します。問5では、和子の顔がいつもとちがって見えた理由を、55~75字で記述します。「なぜだと考えられますか」と設問にある通り、心情は文章中に直接書かれていませんので、出来事や間接描写から推測して記述するほかありません。

拓也は「カッコ悪い」と言ったあと、母親の声がかすかに震えていたことから、拓也はうれしさを伝えたかったのに、逆に悲しませてしまったことを後悔するわけですね。そして、和子とのやり取りの中で感じた、拓也のねたみや罪悪感、和子への思いをどうやってとらえるか。拓也の心情を中心に、推測して読みとる物語文でした。

大問2 説明文 出典は山田玲司『非属の才能』から。

みかん栽培を生業としていた永田氏はある時、過酷な土地に植えられたみかんのほうが、肥沃な土地に植えられたみかんより甘くておいしいことに気づきます。それがきっかけでさまざまな農作物を逆転の発想で栽培する「永田農法」を生み出した永田氏は、まさに「非属の農夫」でした。もし永田氏が常識や伝統に従っていたら、おいしい農作物はできなかったでしょう。また、筆者の知り合いの漁師がみんな「魚が捕れない」といいます。環境問題が背景にあるものの、かつての漁場にはもはや魚はいないと考えるべきだろうと筆者は論じます。
問2では「定置網にはまり、そのなかでうさぎ跳びをしながら、出る杭に嫉妬している」とはどういうことか40~60字で記述します。問3では、どうして「かつて大量に魚が捕れた漁場」に向かってしまうのか、30~50字で記述します。この2つの設問では、比喩(たとえ)で書かれている表現を明らかにし、具体的な内容を説明します。

本質から離れた常識や伝統にとらわれ、集団の中でうまく立ち回ることだけにエネルギーを注いでしまうと、人生を好転させることは難しくなってしまう。また、時代が移り変わっていることに無自覚でいると、思考停止に陥ってしまう。比喩を使いながら、現代社会の問題を突いた説明文でした。

以上、お読みいただきありがとうございました。今後もさまざまな国語文章に触れ、学習に取り組んでいきましょう。(佐藤)

関連記事related posts

エクタス国語科より

出題者の意図

受験生にとって天王山とも言うべき夏が終わりました。去年に続いてコロナ感染拡大の中でしたが、十分成果は出せたでしょうか。 順調にこなせた人もそうでない人も、ここで気持ちを新たにして残り期間を有意義に過ごしてほしいものです。…

エクタス算数科武蔵中開成中雙葉中麻布中

定期試験

 まだ5月末ですが暑い日が続いていますね。そんな中,先週末や今週末が運動会という小学校も多いようです。熱中症には十分注意しつつ,楽しく盛り上がってくださいね。  小学校が運動会シーズンを迎えている一方で,中学校では中間試…

エクタス国語科より桜蔭中

2021年桜蔭中 国語の入試問題を紹介します。

試験時間50分 満点100点説明文1題4問 物語文1題7問解答形式  字数制限なし 大問1 説明文 出典は稲垣栄洋『はずれ者が進化をつくる 生き物をめぐる個性の秘密』から。この出典からは、他にもラ・サール、鷗友学園女子、…

新着記事latest posts

no image

2021/10/20

エクタス算数科

【見方を変えて気づくこと】

受験生の皆さんは過去問演習も本格的に始まり、日々の学習に熱の入っている時期になりましたね。結果を出すためには、ミスしそうな場所を正しく認識した上で正解にたどり着く必要があります。ミスしそうなところに気づく力は、たくさんの…

エクタス算数科

2021/10/20

お知らせピックアップ

2021年度冬期講習 12/26開講

『筑駒・御三家・駒東にもっとも近い塾』エクタスの冬期講習が開講となります。 2021年度入試では、在籍85名中50名(在籍生の半分以上)のエクタス生が筑駒・御三家・駒東の合格を勝ち取りました。冬休みは一年の学習の履修範囲…

お知らせピックアップ

no image

2021/10/18

エクタス算数科

「2022問題」対策について

毎年、西暦の数字にまつわる問題はよく出題されます。来年は2022年ですから、2022にまつわる問題が出題されることは予想できます。これを「2022問題」と呼ぶことにします。この対策として次の問題を考えてみましょう。 【問…

エクタス算数科

pagetop