「敬語」の使い分け

2022/12/1

エクタス国語科より

皆さんは、日頃から国語の授業で様々な言葉の知識を勉強してきています。「文法」と言われる言葉のきまりや、慣用句・ことわざ、さらに品詞の識別等々。そうした知識の中で、「敬語」は、大人でも使い方を誤ることがあるほど実は難しいものです。
敬語は、単に受験勉強で必要なだけではなく、将来社会人として独り立ちしていくときに正しく使えていないと周囲からの信用を一気に失いかねません。
敬語は大きく区分すると「尊敬語「謙譲語」「丁寧語」の三つあることは、小3以上の生徒であれば知っていますね。このうち、きちんと区別できなければいけないのは「尊敬語」と「謙譲語」です。
おそらく、小学校でも高学年の人は国語の授業で聞いていると思います。私も数年前に近隣の公立小学校の学校公開の際、6年生の国語で敬語を扱っている授業を拝見しました。その際、そのクラスの先生は「目上の人への敬意を表すのが尊敬語」「自分を下げて相手を敬うのが謙譲語」というような説明をされていました。決して間違っているとは言いませんが、そのクラスの生徒たちの反応を見ると、「わかったような、わからないような…」といった感じでした。
小学生でももっと簡単に使い分けられる区別の方法はないのか?
実は、簡単に見分けられる方法があります。それは、その動作・様子が「相手」のことなのか、「自分(身内)」のことなのか?を見るだけでいいのです。
たとえば、レストランで食事をしたとしましょう。注文された料理を運んできた店員は、客に対して「ごゆっくりお召し上がりください。」と言いますね。この時、その料理を食べるのは店員から見れば「相手」、つまり客が食べるのですから「召し上がる」という尊敬語を使っています。それを言われた時、皆さんはどう返事をしますか?まさか「ありがたくめしあがります。」などと答える人はいませんよね。自分が食べるのですから、「いただきます。」というはずです。学校で給食を食べる時にも、家で食事をする時にも「いただきます」と言いますね。この「いただく」は謙譲語なのです。
注意することは、自分以外に自分の身内(家族)のことを言う場合も謙譲語を使う、ということです。誰かが話したことを他人に伝える場合、話した相手が身内でなければ「○○さんがおっしゃったように…」と、「おっしゃる」という尊敬語を使いますが、自分の身内の言ったことであれば、「母が申したように…」と、「申す」という謙譲語になるわけです。
ちなみに、「お父さん」「お母さん」「お兄さん」「お姉さん」なども分類上は「尊敬語」になります。ですから、他人に自分の家族のことを話す時、「うちのお母さんが…」という言い方は誤った使い方で、正しくは「うちの母が…」と言わなければなりません。

残る「丁寧語」は
①名詞の上に「お」「ご」をつける。(「飯」ではなく「ごはん」、「茶」ではなく「お茶」)
②文末を「~だ。」「~である。」ではなく、「~です。」「~ます。」とする。
この二つだけです。特に「自分」「相手」に関わらない場合ですから難しくはありませんね。ただ、「お子様」のような言葉は使い方によっては変わることがあります。レストランで見かける「お子様ランチ」などの場合は、単にメニューの名前で「自分」「相手」に関係ないので「丁寧語」ですが、「●●さんのお子様」という場合は、明らかに相手(●●さん)の子どものことを言っているので「尊敬語」ということになります。

過去の入試問題を見ると、開成中では「アイスクリーム」という詩(童謡の歌詞)の出題で、「僕は王子ではないけれど、アイスクリームをめしあがる」という部分について、
①この言葉の使い方は正しいとは言えません。なぜ正しくないのか説明しなさい。
②では、あえて正しくない言い方をしたのはなぜか、考えて答えなさい。
という出題がありました。
また、桜蔭中や雙葉中では、会話文の中に正しくない敬語が含まれていて、その誤りを選び正しい敬語に書き直させるという出題もありました。
「敬語は難しい…」などと先入観をもたず、受験に向け、さらに今後の自分の成長のためにも正しい理解をしていきましょう。

最後に、受験生にとっては、まさにラストスパートの時。入試を目前に控えた今、体調管理にはくれぐれも注意しながら、残された時間も悔いのない使い方をして、合格を勝ち取ってほしいと思います。頑張れ!!

関連記事related posts

エクタス国語科よりエクタス自由が丘校教室ニュース

「直接そこに現れて(表れて)いないこと」を読み取る

 師走ももうすぐそこ、一年が経つのは早いものです。    小6のみなさんは今まさに、受験する予定の学校の過去問題を解いていて、もうすぐ一段落、というところでしょうか。国語が難しい学校ほど、筆者の言いたいこと、表現したいこ…

エクタス国語科より女子学院桜蔭中武蔵中筑駒開成中雙葉中麻布中

2023年 中学入試 筑駒・御三家・駒東 国語出典

2023年 中学入試 筑駒・御三家・駒東 国語出典 <筑波大駒場> 石黒広昭『学ぶことと遊ぶこと』(説明文) 岸田奈美『ガラスのこころ』(物語文) 木坂涼『花時計』(詩) <開成> 隈研吾『ひとの住処』(随筆文) 柚木麻…

エクタス国語科より

「受験を終えた6年生へ 次の目標に向かって走り出そう!」

生徒の皆さん、保護者の皆さん、中学受験、お疲れ様でした。進学校もほぼ決まった中で、ほっとした中にも受験直前期より時間が余ってしまってやや戸惑いを感じながら日々過ごしている、という感じでしょうか。 進学する中学校で、クラブ…

新着記事latest posts

2024/4/18

エクタス理科より

身近な太陽

2024年4月9日に皆既日食が観測されました。 といっても、日本ではなく北米(メキシコ、アメリカ、カナダ。現地時間で言うと8日午後)でのできごとです。 皆既日食は頻繁に起こるものではなく、かつ時間も短いので、いろいろな分…

エクタス理科より

2024/4/4

エクタス算数科

覚えておくと便利な暦

暦の問題を苦手にしている生徒は意外と多い気がします。日付と曜日を答える問題などはその基本中の基本ですから、しっかり正解しておきたいですね。 【問題】 今年の4月4日は木曜日です。では今年の12月25日は何曜日ですか。 【…

エクタス算数科

2024/3/29

お知らせ

小1コース:【無料】特別体験会

小1のお子さまを対象に、無料で授業体験できる『特別体験会』を実施します。ぜひこの機会にエクタスの指導をお試しください。 ■日程4/6(土)・13(土)・20(土)・27(土) ■会場・授業時間・池袋校:15:50~18:…

お知らせ

pagetop