発光生物の不思議

2017/9/1

エクタス理科より

 

今回は、最近テレビで観た深海の生物について少し話をしてみましょう。


 


深海はとても大きな水圧がかかり、水温も低い、生物にとってとても厳しい世界です。しかも太陽の光がほとんど届かない暗黒の世界なのです。その深海にもとても多くの生物が生息しています。その姿形はとてもさまざまで驚くような姿の生物がたくさんいます。


ぜひ一度調べてみて下さい。その不思議な、あるいは奇妙な姿に驚くことでしょう。


 


さて、そんな深海に生きる生物のほとんどが実は発光するといわれています。皆さんは知っていましたか?陸も含めて自ら発光することが確認されている生物のうち、およそ80%が海の中に住んでいるそうです。深海の生き物は、死ぬまでの時間の大半をほとんど真っ暗な世界で過ごします。生物の発光は、そのような環境で生きていくのにとても役に立つものだそうです。


 


では、どのように役に立つのでしょうか?


 


有名なのは「チョウチンアンコウ」ですね。光でエサをおびきよせて食べるという方法です。他にはホタルのようにパートナーを探すために光る生物もいます。この2つはすぐに思い浮かぶと思いますが、実は3つ目がとてもおもしろいのです。


深海には身を隠す場所がありません。そこで発光することで身をかくす生き物がいます。「光ることで身をかくす?」ちょっと不思議ですね。暗闇で光を出すと目立つはずですが、どういうことなのでしょうか。


 


先生が観たテレビに登場していたのは「バイパーフィッシュ」という魚です。体の下の部分が発光します。実は深海でも、水深200m1000mの薄光層では太陽の光が上からわずかに届きます。バイパーフィッシュを食べようとして敵が下からバイパーフィッシュを見ると、その海面からの光をうけて影が見えてしまいます。そこで、体の下の部分の発光器を光らせることで、その影をうすくし、敵から見えにくくしているそうです。光ることで見えにくくすることができる、おもしろい仕組みですね。しかもこのように体の下を発光させる生物はたくさんいるそうです。あの有名な「ホタルイカ」も体の下を発光させています。


 


しかし敵もさるもの、「デメニギス」という深海魚がいます。世にも奇妙な深海魚で、なんと頭が透けていて、内臓が丸見えになっています。そして、その透明な頭の内部に緑色の目があり、バイパーフィッシュのような体から光を出して見えにくくしている魚を、その特別な目で見分けることができるそうです。


深海というとても厳しい環境で、しかもほとんど食べ物が無い世界をこれらの生き物は生きていくためにさまざまな進化をしてきました。そして、少しでも相手より有利になるように、たえず競争をするように進化をしてきたのでしょう。


 


勉強のあい間にこのような不思議な生物のことを調べてみるのもおもしろいのではないでしょうか。きっと新しい気づきがありますし、何よりも深海の生物については分からないことだらけなのです。分からないことを考えることは理科の学習にとってとても大切なことです。きっと皆さんの力を伸ばす何かがかくれていると思いますよ。


関連記事related posts

エクタス理科より

京(けい)から富岳(ふがく)へ

2020年6月22日、スーパーコンピューターの計算する速さを競う世界ランキングが発表されました。ニュースでも伝えられていましたが、皆さんはご存じでしょうか? そのランキングで、日本の新しく開発されたスーパーコンピューター…

エクタス理科より筑駒

今年の筑波大駒場中の入試問題から

皆さんは「生物季節観測」という言葉を知っていますか?植物34種、動物23種を対象にして、気象庁が毎年全国で観測をしていたものです。たとえば、サクラが開花したのは何月何日かとか、今年になって初めてウグイスが鳴いたのは何月何…

エクタス理科より桜蔭中

桜蔭中の理科の入試問題より

 11月も終わりに近づき、マフラーやコートを手放すことができない時期になってきました。この寒さを迎えると、入試本番がいよいよ近づいてきているということを改めて実感します。    受験生のみなさん、風邪などの病気…

新着記事latest posts

no image

2021/10/18

エクタス算数科

「2022問題」対策について

毎年、西暦の数字にまつわる問題はよく出題されます。来年は2022年ですから、2022にまつわる問題が出題されることは予想できます。これを「2022問題」と呼ぶことにします。この対策として次の問題を考えてみましょう。 【問…

エクタス算数科

no image

2021/10/13

エクタス国語科より

筑駒・男女御三家・駒東合格へのあと100日の国語学習法

10月24日で、2月1日まであと100日となります。これは毎年共通の残り日数、残り時間です。受験生は大体週に最低4日は塾の授業に参加していると思うので、100に7分の4を掛けて100から引くと、塾の授業がない日が出ます。…

エクタス国語科より

no image

2021/10/13

エクタス理科より

ノーベル物理学賞を日本出身者が受賞

暑さが一段落して少しずつ涼しくなってきていますね。受験生のみなさん、気温の変化に気をつけて勉強に励んで下さい。 さて、先日2021年のノーベル賞受賞者が発表され、日本出身の眞鍋淑郎氏がノーベル物理学賞を受賞しました。受賞…

エクタス理科より

pagetop