2021年ノーベル賞

2021/10/27

エクタス理科より麻布中

先日、眞鍋淑郎さんがノーベル物理学賞を受賞しました。

受賞理由は、50年以上前に「大気海洋結合モデル」をつくったことで、これは現代の気候研究の基礎となったとされています。

「大気海洋結合モデル」とは、簡単に言うと、数か月の気候変動を考えるとき、大気と海洋がそれぞれ影響を及ぼすので、大気の循環と海洋の循環とを結びつけて予測するシステムのことです。
有名なもので言うと、エルニーニョ現象やラニーニャ現象により、日本の周辺の気候が影響を受けるということも「大気海洋結合モデル」の1つの例になります。

また、二酸化炭素濃度が上昇すると気温が上昇して、地球環境に大きな影響を及ぼす、いわゆる「地球温暖化」を予測し、それを発表したことでも高い評価を得ています。眞鍋さんの地球温暖化の予測がもう少し遅かったら、地球はもっとひどい状態になっていたという科学者もいるくらいです。

2007年、アメリカ元副大統領のゴアさんたちが、気候変化についての知識を世界に広め、その変化を止めるための対策を講じたことでノーベル平和賞が授与されたときも、この眞鍋さんの「大気海洋結合モデル」が元になっています。そして、その翌年2008年の麻布中で出題されています。

今回の眞鍋さんの研究は、今となってはとても身近な内容で、SDGsへの(持続可能な開発目標)も話題になっていますね。かけがえのない地球を守って行くことへの関心が高まっており、今後しばらく中学入試でも出題されやすいテーマになることでしょう。

ちなみに、2014年にノーベル物理学賞を授与された研究を覚えていますか?日本出身者3名が、省電力の白色光源を実現可能にした「青色発光ダイオード」の発明です。これも地球温暖化防止に貢献しています。「省電力」ということは、使う電気エネルギーが少ないという意味なので、火力発電を用いている国においては、二酸化炭素減少になりますね。

このように、ノーベル賞というテーマの中でも、相互に関連があることが見えてきます。
中学入試の勉強は、覚えなければならないことの量も多いので、つらいと感じるときもあるかと思います。しかし、それぞれの関連性(つながり)や、社会にどのように役立っていくのかを考えてみると、楽しく意味のあることだと実感できるかもしれません。

関連記事related posts

エクタス理科より

新しい発見

  皆さんは太陽系の惑星についてどんなことを知っていますか?最近、木星について新しい発見があり、ニュースになりました。木星は太陽系の5番目の惑星で、惑星の中で1番大きな星ですね。そして地球のようなかたい地面がな…

エクタス理科より

ノーベル物理学賞を日本出身者が受賞

暑さが一段落して少しずつ涼しくなってきていますね。受験生のみなさん、気温の変化に気をつけて勉強に励んで下さい。 さて、先日2021年のノーベル賞受賞者が発表され、日本出身の眞鍋淑郎氏がノーベル物理学賞を受賞しました。受賞…

エクタス理科より桜蔭中

令和2年7月豪雨

令和2年7月3日より熊本県をはじめとする九州、岐阜県、長野県などで広い範囲に降り続く豪雨で大きな被害が出ました。この豪雨による被害を気象庁は「令和2年7月豪雨」と名付けました。これは、気象庁が名称を定める気象現象のうち3…

新着記事latest posts

2024/5/16

お知らせピックアップ

筑駒・開成・桜蔭対策:小6合格力完成講座~パーフェクトアプローチ~ 9月開講

「合格力完成講座~パーフェクトアプローチ~」は、筑駒・開成・桜蔭を目指す小6最上位生を対象に、日曜日に開講する特別講座です。本講座では、演習→添削→解きなおしを繰り返すことで、弱点や苦手を徹底的にカバーでき、得点力を確実…

お知らせピックアップ

2024/5/16

お知らせピックアップ

【7/15・9/14】筑駒・開成・桜蔭 学校別合格力判定模試(小6生)

筑駒・開成・桜蔭中をめざす小6生を対象にした模試で、Z会エクタス栄光ゼミナールの各教室で実施します。 各学校の出題傾向をもとに問題を作成し、合格ラインを提示します。 ■日程7月15日(月・祝)・9月14日(土) ■会場エ…

お知らせピックアップ

2024/5/16

お知らせピックアップ

2024年度夏期講習 7/21開講

先輩たちに続く夏。 2024年入試では、在籍125名中70名のエクタス生が筑駒・御三家・駒東中の合格を勝ち取りました。 中身の詰まったエクタスの夏期講習で自分の力をとことん磨き、先輩たちに続く夏にしましょう。 小1~小3…

お知らせピックアップ

pagetop