雙葉中の入試問題より

2015/11/13

知って得するマメ知識

 

 毎年、寒くなってくると受験が近づいてきたことを実感します。外を歩いているとコートを着ている人の姿を見かけることが多くなってきました。受験生のみなさんはより一層気が引き締まり、受験に向けて最後の追い込みをかけ始めている時期だと思います。


 


 今年の雙葉中の入試問題では、昨年相次いだミツバチの盗難に関する時事問題が出題されました。はつみつを採るためにミツバチを飼っている(養蜂業)人たち以外に、ミツバチを使って農業をしている人は何をつくる人か、具体的に一つ答えなさいという問題です。


 


 みなさん、わかりますか?


 ミツバチは花粉や花の蜜を集めるために花を訪れます。このときに、花粉を運んで受粉の手伝いをするため、農家の人にとっては有益な昆虫であるといえます。答えはイチゴのハウス栽培農家です。イチゴを育てているハウスの中にミツバチを放ち、受粉の手助けをさせています。ミツバチを盗難されると受粉の手助けをするものが(人力以外に)いなくなってしまうので、この出来事は農家の人にとって大打撃を受けることとなります。


 


 さて、そんなミツバチが今別の種類のハチによって危険な状態にあることを知っていますか?


 


 外来種であるツマアカスズメバチというハチが、対馬を中心に自然種、養殖種を問わずミツバチを食い荒らしています。


 


 このツマアカスズメバチはミツバチを好んで食べます。好んでという言葉をのぞけば、日本の在来種のスズメバチも食料が不足するとミツバチの巣を襲撃し、ミツバチを食べますので、在来種と比べて大きな違いはないのでは?と思うかもしれません。


 


 在来種のスズメバチは集団でミツバチの巣を襲います。巣の中に侵入し、幼虫や弱ったハタラキバチをエサとします。その際、ミツバチは集団でスズメバチに群がり「蜂球」と呼ばれるものをつくり、体温を高めて(おしくらまんじゅうの要領です)スズメバチを押し殺して撃退します。襲われたからといって必ず餌食になってしまうわけではありません。


 


 しかし、ツマアカスズメバチがミツバチを狩りする方法は厄介です。ツマアカスズメバチはミツバチの巣に潜入はせずに、蜜集めから巣に戻ってきたミツバチを一匹ずつ襲います。ミツバチは一匹でいるところを襲われてしまいますので、前に書いた「蜂球」をつくって身を守ることができません。そのため、巣に戻ろうとするミツバチがどんどん餌食になってしまいますので、いつの間にかハタラキバチがいなくなり、巣がほろんでしまうことになります。また、対馬や九州には大型のスズメバチがいないため、ツマアカスズメバチが食物連鎖の頂点に位置することになります。


 


 このツマアカスズメバチの巣の駆除も厄介です。ツマアカスズメバチは地中に巣をつくりますが、巣の規模が大きくなると高い木の上に巣をつくります。高い木の上なので駆除をすることが困難です。また、高い木の上と同じような環境、つまり高層マンションの高層階にも巣をつくります。本来ハチが飛ばない高さの家にいても被害がでてしまうことがあります。本来ハチは台風などの被害を回避するためにあまり高いところには巣をつくりません。あえて高いところに巣をつくることで、他のハチと棲み分けをしていると考えられます。


 


 ハチは巣を駆除するとその巣にいたハチたちはやがて死にます。残ったハチたちが再び巣をつくるということはないということです。巣の駆除=ハチの駆除となるわけです。しかし、ハチの中には巣を駆除しても残ったハチたちが再び巣をつくり、その中から女王バチが誕生し・・・というハチもいます。ツマアカスズメバチは再び巣をつくることはありませんので、この点ではハチの巣を駆除する方法を考え出していくことで拡大をおさえることが可能かもしれません。


 


 受験生のみなさん、ハチについてどれくらい知っていますか?


 


 ハチの食べもの、口の形、8の字ダンス、巣のハニカム構造、針の様子、子育ての様子、神経のつくり、好む色、好むにおい、これらを確かめる実験、などなど、これらのことはすべて中学受験のテーマとして取りあげられています。


 


 前回も書きましたが、中学受験の理科では、テーマを知っているか知らないかで得点に大きな差ができることがあります。ここから一つでも多くのことを身につけ、どこの誰よりも強い受験生になりましょう。


 


 頑張れ!受験生!


関連記事related posts

エクタス厳選例題知って得するマメ知識

ノーベル賞 - 開成中学校の入試問題より

2012年の開成中学校の入試問題では、キューリー夫人が1911年にノーベル化学賞を受賞してから100年を記念し、2011年を「世界化学年」とすることをテーマに取り上げた問題が出題されていました。ノーベル賞の受賞に関する問…

有名・最難関中学校紹介知って得するマメ知識

2013御三家の哲学⑦

  本年度、筑波大学附属駒場中の入試出題文から。 力太郎の手は実際より大きく描くことで、剛力さを強調できる。また、女性の手足はより小さく描くことで、優しさの真実みが出る。「絵のリアリズム」とは、普遍的な特徴を、…

知って得するマメ知識

歴史学習の落とし穴…時代のつなぎめ (1)

 いろいろなできごとや人物を古い順に並び替えたりする問題が主流の今の中学入試では、「流れ」は絶対に理解していなければなりません。年代自体を問う問題は激減しているので、年代の暗記に腐心する学習は古い学習スタイルといえるでし…

新着記事latest posts

2024/5/16

お知らせピックアップ

筑駒・開成・桜蔭対策:小6合格力完成講座~パーフェクトアプローチ~ 9月開講

「合格力完成講座~パーフェクトアプローチ~」は、筑駒・開成・桜蔭を目指す小6最上位生を対象に、日曜日に開講する特別講座です。本講座では、演習→添削→解きなおしを繰り返すことで、弱点や苦手を徹底的にカバーでき、得点力を確実…

お知らせピックアップ

2024/5/16

お知らせピックアップ

【7/15・9/14】筑駒・開成・桜蔭 学校別合格力判定模試(小6生)

筑駒・開成・桜蔭中をめざす小6生を対象にした模試で、Z会エクタス栄光ゼミナールの各教室で実施します。 各学校の出題傾向をもとに問題を作成し、合格ラインを提示します。 ■日程7月15日(月・祝)・9月14日(土) ■会場エ…

お知らせピックアップ

2024/5/16

お知らせピックアップ

2024年度夏期講習 7/21開講

先輩たちに続く夏。 2024年入試では、在籍125名中70名のエクタス生が筑駒・御三家・駒東中の合格を勝ち取りました。 中身の詰まったエクタスの夏期講習で自分の力をとことん磨き、先輩たちに続く夏にしましょう。 小1~小3…

お知らせピックアップ

pagetop